WooMess

Just another WordPress site

職場の視線は勘違いの元?いろいろ言われてるけれどこんなケースもある!

職場で男性から視線を向けられ、たまたま目が合ったりすると、勘違いはよくしてしまう。

私のことに興味があるのかな、みたいに自分で良いように解釈して、夢を膨らませてしまう。

経験則で言ってしまうと、職場では視線などいくらでも飛び交う。
確かにそういう気持ちで相手の女性を見ている男性もいるかもしれないけれど、大方は勘違い。
職場でそういう視線を向けられてもいつも好きだという気持ちばかりではない。

そういう勘違いをしないように、いろいろ見分け方が言われているけれど、むしろこう考えた方が良いかも知れない。
本当に交際を考えている方のためにちょっとお伝えしてみよう。

【スポンサードリンク】

男性の視線は当てにならない?女性との生理の違いを理解しておくこと

職場でよく女性が勘違いしてしまう、男性の視線。

その勘違いの原因は何と言っても、女性に対する男性の視線の送り方、見つめ方というのが女性によるそれとはほぼ真逆だと言うことだ。
つまり女性の考え方で職場の男性の視線を考えて行くと、本当に失敗の元。

よく言われているけれど、男性は女性と違って、異性を見つめるとき、特別な感情がなくても出来る。
というか、はっきり言えば好きな人、というよりも「女性」、「女」として見ようとする。

私の経験だと、中年のオジサン世代よりももっと若い男性の方がそういう視線を向けがちだったと感じる。
(たとえばこの記事「【年下男性】これって好意の サイン?「目は口ほどにモノを言いたい」がカギ!

好き、というより綺麗、という感覚で見ていると言えるだろうか。

でも、女性は相手の男性を好きとか、異性として興味が湧かない限り、そうそう見ないものだ。
これで職場といわず、デート中とかでも誤解が生じる元だ、と言ったのは元職場の同僚男性。

道行く女性にいちいち目を向け過ぎて、ガールフレンドの彼女に変に勘違いされる、という痛い目にあったことも一緒に語ってくれていた。

男性が女性に向ける視線は、女性が男性に向ける場合よりも意味が広い。
このことをぜひ押さえていただきたい。

視線からそういう意味の勘違いをしてしまうと、職場などではとりわけ重い結末になるかも知れない。

だから、男女の問題に関することはなるだけ自分の中で不確実な推測を除く、または相手の男性がもっとはっきりした態度をとるまで待つようにすべきだ。
赤い糸

男性だって視線がぶつかれば目をそらす?

職場で女性が意中の男性と視線が合ったようなときに、女性は目をそらすと聞いたことがある。

そして逆に男性の場合には、好きな女性と目が合ったときには目をそらさず見つめ続ける、ということもよく聞かれる。

でも、実際に全てこうなるかと言えば結構そうではないことも多い。
全く逆に、女性が男性と向き合ってじーっと見つめたり、男性の方が慌てて目をそらしたりすることだって多い。

男性だって恥ずかしいときには恥ずかしいから、女性のようにすぐに視線を引っ込めてしまうときだってあるようだ。
ルーキーや若手の男性社員など、そんな雰囲気が多かったりする。
中年のオジサン世代はそれなり、という感じだろうか。

もちろんそうではなく、最初にお伝えしたパターンもないわけではないだろう。
だから言ってみれば女でも男でも、性格とか覚悟、勇気の持ちようで見つめ方は変わってくる。

人見知りしやすかったり気恥ずかしさが先に立つときには、視線がぶつかったら男性だってすぐにそらすし、好きな人をぜひ正面切って見つめたい、という覚悟や勇気があれば女性だってじっと見つめることがある。

特にそれなりに職場で会話などが弾んで楽しげにしている男女などは、けっこう臆面無く見つめ合っていたようだ。

【スポンサードリンク】

本当にその気があれば、勘違いされない方法を考える?

そしてもう一つ、確かに特段の気持ちで女性を見ていないときには、男性だって勘違いされないようにとの意味も込めて目をそらすことが多いかも知れない。

でも上の通り、男性は特別な感情があろうと無かろうと、性格によっては目をそらす人は多い。
そうなると、単に視線だけ取り上げても勘違いされる元になるかも知れない。

だから結論になるけれど、これだけでは相手の男性が自分のことを好きかそうでないか、という判断はつきにくい、と考えるしかない。
ある程度の判断はつくかも知れないし、だからこそネットなどでそういうセオリーを伝えてきているけれど、人の性格によりバラツキがあるのは否定できない。

そして男性の立場に立てば、自分の気持ちを本当に伝えようとするなら、そういう曖昧で勘違いされるような仕方ではなく、もっと確実に伝えられる方法、それこそ告白とかデート、食事などの誘いなどをしてくるだろう。

それを気長に待つのかどうかが女性にとって問題かも知れない。
考える

中にはクセで見つめる人も

職場での視線というのは実際、勘違いの宝庫のようなところがある。

よく私も元の職場で特定の男性社員の目を引こうと、あるOLの彼女がしばらくの間だったがずいぶんとめかし込んで、挑発的な雰囲気を出していた。
いったい何?と私も思っていたが、当の男性はドキッとしたものの、それ以上の感情は湧かなかったようだ。

逆に何というか、上司っぽい中年男性の社員たちは彼女の変貌ぶりを見てほくそ笑んでいた。

勘違い から勘違いを生んでしまったというべきだろうか。
好きな人の視線を集めようとすると、なまじこういう風に多数の人たちがいる職場。
どういう寒い結末になるかわからない。

中には目が悪くて思わず相手を凝視したり、クセで相手のことをじーっと見つめる人だっていたりする。
草食系の男性だって増えている。

だからもしも恋愛や交際を狙うのなら、女性の方からはっきりと気持ちを表す、つまり告白もオススメになる。
男も女も本当に人それぞれだ。
臨機応変に幸せを求めて行っていただきたい。

国ノ木はるな

【スポンサードリンク】
Return Top