WooMess

Just another WordPress site

傷心旅行とは?どんな意味があるのか、心の痛い人がぜひ知っておくべき3つの癒し!

傷心旅行とは、失恋や彼氏と別れてしまったりして心に痛手を負った人が癒しのために出かける、という意味がある。
もちろん恋愛のための意味だけでなく、身内など最愛の人に死なれたとかなどの時にも言われたりする。

だから恋愛などの意味だけに限ってしまうと、何となく贅沢な旅行の動機のイメージが私の中にある。
だがどうして、そんなに軽視できるような薄い意味だけではないようなのだ。

元々旅行というものの本当の意味を考えれば誰もが納得するにちがいないが、そういうこともあって、失恋などで悲しみに暮れている女性たちにはぜひこの傷心旅行とはいったい何か、ということを考えていただきたいのだ。

同時に、どんな旅行がそういう心に傷を負っている方たちにふさわしいパターンになるのか、行き先なども大切なことを併せて3つほど語ってみたい。

【スポンサードリンク】

〈1〉傷心旅行は一気に心を癒してくれる格好のチャンス

傷心旅行とはそういう心の痛い人にとってどんな意味があるのか?

まず一つ目に、傷心旅行とは、そういう失恋や別れで悲しみに暮れた気持ちを、旅行という行為で一気に癒してくれる効果がある。

一口にこう言ってしまうと何となくぴんと来づらいかも知れない。
でも、元々彼氏に振られたとか別れた時の悲しみがいつまでも忘れられない、それどころか日に日に強くなってきたという体験はないだろうか?

その最たる理由の一つは、そういう悲しい目にあった「場所」にいつまでもいるため、ということが大きい。

悲しみをこしらえてしまったときの場所から来る記憶、そしてそのまま引きずっている日常的な生活からの連想によって、人はなかなか立ち直れない場合だってある。

そして最悪の場合、心が弱い人ならばそういう重圧に負けてしまい、それこそ本当に心が病んでしまうことにだってなりかねないのだ。 

傷心旅行に限らず、旅行に出かけるという行為はそういう日常的に過ごしていた場所や生活と一切の手を切って、全く違った場所で一時的にせよ生活を続けるということだ。
だから嫌なことを忘れる、という意味でこうした傷心旅行とは最強の効果を持つものなのだ。

そう考えればこういう旅行に癒しの効果があることは十分わかるし、わざわざ疲れることを覚悟して遠くに出かけていく意味だって十分ある。

〈2〉自分の思考に必ず良い変化が

2番目にお伝えしたいのは、そういう見知らぬ土地に行ったときに、思わぬ発見やひらめきが自分に舞い込んでくる可能性が大きいということ。
線路
これは自分の心の中の整理を傷心旅行していく中で、自然と、ひらめきのように思いつくこともある。

様々な発見もある。
それは生活のこととか新しい恋の探し方、出会いの仕方など、いろいろにわたることだろう。

それというのも今まで傷ついていた心を引きずって、心が重くなってしまっていたためだ。
だからその心の“重石”が外れていけば、思考の活性化ができて閃きの全開。

確かに誰でも最初は好きな人に振られた、だからその腹いせみたいにして遠くに出かけてしまおう、という気持ちもあるかも知れない。

けれど、旅行で地方を巡ったりしている内に必ず心境の変化は出てくるものだ。
必ずと言ってよい。
もちろんすごく気持ち的には晴れやかになる、そういう方向に行くものだ。

それこそが旅行の大きな意味でもある。
むしろ傷心旅行という狭い枠にとどまらず、多くの人たちにとっても年一度くらいは数日かけて思い思いの遠く離れた場所などに足を運んでゆっくりしてみることをぜひオススメしたい。

【スポンサードリンク】

〈3〉気持ちのあり方で行き先にも選び方が

そして3番目。
これもちょっとしたことに見えてすごく大切になることなのでぜひ覚えておいていただきたいのだが、傷心旅行とは、まず心を癒す旅を意味することになる。

だからそういう傷ついた自分の心の有り様をなるだけ推し量り、その上で行き先を決めてみるようにすると良い。

つまり気持ちのありようによってオススメの旅行先、行かない方が良い場所、というのも確かにあるからだ。

一体に傷心旅行の時には、あまり陰気なところはやめた方がよい。
具体的に言えば毎回テレビや雑誌などで伝えられているような人が自ら命を絶ったりするために出かけるような場所。

そういうところは風光明媚な場所もすごく多いことは私も認めるのだが、変な気持ちがわいてきて後追い的に同じような心境になってしまう、そんな心配もある。
深山幽谷とか深い渓谷、断崖絶壁などの景勝地によくあるパターンだが、そういうところは避けた方が良いだろう。

そしてもう一つのチップとして、傷心の程度により大まかに南と北に行き先が別れる、と考えて良い。

たとえばあまりに心が傷つきすぎて沈んでしまっているような場合には、南国のような日差しが強烈で明るいイメージのところというのはあまりなじまない。
それよりも淡い日差しや雪景色など、穏やかで静かなたたずまいの多い北海道や東北地方などがオススメになる。
雪景色
逆にそこまで心が折れておらず、もっと元気になりたいんだけど、というような場合には迷わず沖縄や石垣島など、南国がふさわしい。

最近ではLCCの普及によってそういう沖縄や奄美、石垣島方面へのアクセスも非常に安価になってきて、しかも日帰りすらできることも多い。

そんなわけで、行き先をひとまず国内に限って説明してみたけれど、基本的に海外に旅行するときも同じ配慮でよい。

旅行の癒し効果をぜひ満喫して、明日への活力、新しい出会いへステップアップしていただきたい。

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top