WooMess

Just another WordPress site

安住紳一郎アナは米倉涼子との婚約にまで年内にもアリ?強力なプッシュの可能性も

TBS安住紳一郎アナ(43)と女優の米倉涼子さん(41)との関係がいよいよ取りざたされて怪しげなムードに変わる気配だろうか?

婚約や交際などという事実は今のところないけれど、なんとなく今のTBS、とりわけ安住紳一郎アナがMCの「ぴったんこカンカン」で米倉涼子さんがことあるごとに出演していること。

他の女優に「米倉涼子さんが好き」と安住紳一郎アナがもらしていたり、彼女の舞台に花を贈っていたことも明らかになっている。
社交辞令か、それとも偶然の一致か、でもこれだけ偶然が一致することもあり得ないのではないだろうか。

婚約というハナシもまだ突飛すぎるかも知れないけれど、しかしながら二人の思惑を超えて実はもっと強力に彼女との交際や婚約、結婚をプッシュしていきたい勢力があるようだ。

【スポンサードリンク】

前夫の離婚劇に疲れ果てた米倉涼子はマジメ派・安住紳一郎アナに傾く?それが婚約への予感に

ただ、安住紳一郎アナは米倉涼子さんと今まで交際の話もない。それ以前に今のところ婚約なんてとんでもない、と言いたげなレベルだ。

だがお相手になりそうな雰囲気の米倉涼子さんにしてみれば、前夫との結婚生活に嫌気が差しているとも言われ、その理由の大きなものとして夜の彼の豪遊があったと言われている。

こういうところは安住紳一郎アナと真逆といえるかも知れない。
前夫と別れた彼女が、安住アナとの婚約や交際を話題にされたりするのもこうしたエピソードが大きくしているようだ。

また、彼女自身の名を使って自分が行っていた事業に利用したりしていたということも漏れ伝わっている。

この辺りは非常に微妙なことなので、これ以上のことは語るのを避けるけれど、前夫で会社経営の一般人男性と14年12月末に電撃結婚を果たしたものの、わずか3ヶ月で別居に至っている。
要するに離婚に至る経緯も電撃的だった。

これに対して安住紳一郎アナは、そういう前夫とはいわば180度逆の性格とも言えるかも知れない。
知的で学歴もあるし非常にマジメ。
別れた前夫と対極の性格を持っていることに着眼したのだろうか、米倉涼子さんのメガネにはかなっているようだ。

安住アナも女性運悪し?過去に騙されてお金を取られていた?

だが、米倉涼子さんとともに一方の安住紳一郎アナもあまり恋愛運には恵まれていなかったとも言われている。

婚約こそしなかったものの、大学の後輩でもある女優の北川景子さんからアプローチもされていたというし、10年前には確かに彼女もいたようだ。
その一般女性の彼女とはTBSで主催した合コンで知り合ったようだが、13年8月に週刊誌上でその時の様子を告白している。
パーティー
北川さんの時と同様、この一般女性とも結局破局してしまったようだが、一方で女性にお金を騙し取られてしまった、などとも噂のある安住アナだ。

女性にだらしない、というよりはそういうよろしくない女性の見分け方を知らない、純粋な人というのが安住アナのキャラではないだろうか。

日常生活のルールが恐ろしく細かい安住紳一郎アナ?

だが、結局そういう女性についての手痛い失敗がトラウマとなって今日まで来ている、というのが実情のようだ。

同時に今の安住アナの病的とも言われかねないような細かな日常生活でのルール、それも影響しているのかも知れない。

【スポンサードリンク】

 

たとえばテレビ録画するにしても細かなルールがあって、それを聞いた女性たちはドン引きして去って行く始末。
女性でなく男性も「ワケあり」になるというのはまま聞く話だが、安住紳一郎アナの場合、前の女性との失敗劇が本当だとしたら、哀れさも感じるのではないだろうか。

16年11月に文春が調査したアンケート「結婚したい男性」では堂々2位にランクインし、イケメンと理知性で知られている安住紳一郎アナだが、こういうトラップもある。

あるいはこれが今の今まで彼を女性から遠ざけていた理由なのかも知れない。

米倉涼子のドラマ出演を期待してやまないTBSが婚約を後押しも?

だが実のところ、安住紳一郎アナにがんばって米倉涼子さんと婚約から結婚して欲しい、と喉から手の出るくらい米倉涼子さんを迎え入れたいのがTBSのようだ。

「ドラマのTBS」というのも今は昔。
凋落ぶりはすさまじく、逆に「ドクターX」(テレ朝)などで主演し、20%越えの高視聴率を軒並みたたき出している米倉涼子さんはどうしても迎え入れたい存在でもあるはず。

元々安住紳一郎アナがメインMCをつとめる「ぴったんこカン・カン」で、米倉涼子さんを5回も6回も異例のゲスト出演させることを許している。
彼自身は直接的に番組企画に参画する立場ではないものの、所属しているアナウンサー部ではエキスパート部長という肩書きで、影響力は皆無とは言えないようだ。

しかももしかすると、米倉涼子さんゲットをTBS上層部が本腰でもくろんでいる、それが米倉さんの異例の出演回数となっているのかも知れない。
TBS
婚約するかどうか、それ以前に前夫との協議離婚が現在やっと成立したばかりの米倉涼子さんの立場を考えれば、いきなり他の男性と婚約というのもいかがなものなのかと思うことは常識的な判断の内だろう。

しかしながら彼女の身の上が時間とともにだんだん落ち着いてくるにつれ、この婚約のこと、ひいては安住紳一郎アナとの本当の関係がどうなっているのか、そういうことにまで関心が及んでくることは間違いないだろう。

考えてみれば二人ともなかなか結婚とか交際には失敗続きといえるのかも知れない。

でも、そういう苦労をお互い肌で感じているだけに、痛みを分かち合って意気投合するのも早いのではないだろうか?

最後になるけれど、米倉涼子さんの方はそういうことはないのかも知れないが、安住紳一郎アナの事細かな日常生活のルールというのは最後の障害になるのかも知れない。

二人が婚約まで年内に行き着くこともないとは言えないかも知れないが、その時はぜひ彼の方でそういうルールを緩和させる努力。
米倉涼子さんとの幸せのためにも、それをすることを願いたい。

高橋国大(くにひろ)

【スポンサードリンク】
Return Top