WooMess

Just another WordPress site

早婚は不思議と後悔多い?好きで一緒になっても思いの他上手くいかない場合が!

早婚、つまり若い時に結婚することをいうが、そういう時には意外と後悔が多いということが言われている。
実際若い夫婦の間では相当深刻ないがみ合いとか反目がよく見られるものだ。
むしろ晩婚の方が円満夫婦のイメージが強いくらいになる。

そういう早婚が上手くいかない夫婦、私もOL時代に同僚や友人のカップルで話を聞いたことがある。
そして確かに彼女たちは真顔で後悔した!とのたまっていたりする。

なぜそうなってしまうのか?そんなに後悔多い結婚生活を望んでいるわけではもとより無いはずだが、そこに結婚とその前までの恋愛関係との深い溝もありそうだ。

そしてまた、早婚特有のデメリットが大きく作用しているようだ。
さらにこの問題と対比して、晩婚の利点、メリットについて語って見たい。

【スポンサードリンク】

早婚で後悔多い現実は、考えてみれば当たり前に出て来る多くの原因!

まず最初に、早婚という定義がいまひとつはっきりしていない。
晩婚に対するものだが、ひとまずここでは20代前半、ということとしてみたい。

そういう若いときに情熱豊かに思いを寄せ合って結婚してみた結果、互いに対していろいろな不満が出て来ることとなる。
それで後悔することが多い、というわけだ。

だがこれは考えてみればごく当たり前のことに間違いない。
少なくとも半分自虐で語って見るのだが、私たちの様なアラサー世代以上の目から見ても、結婚生活は不満がゼロのワケはない。

それどころか、結婚する前間では独身の身として、自分で自由にこうどうできたはずだ。
それが身重となってしまう結果、絶対に不自由になる。

それはものの考え方にまで至るだろう。
カップル

若いとトラブルの処理能力が低く感情が不安定。それが後悔をより強くする?

ところが他の年代で結婚したカップルと何が違うのか、といえば、そういう不満とか夫婦間のトラブルを“円満解決”できるテクニックに乏しいのだ。

そしてそれに輪をかけてなまじ若い体力が充満している分、感情の起伏も大きくなるし、攻撃もすさまじいものになってしまう。
そして欲求不満もそれだけ高くなるので、結局は晩婚などよりもずっと激しく後悔することも多くなるはずだ。

早婚、とまでいかなくとも20代に結婚したはよいが、子供を一人くらい産んだ後で良く離婚するカップルのケースが耳に入るけれど、結局はそういう不満とか夫婦間のトラブルを上手く処理しきれない。

それとともに経済的な不安定、社会生活に不慣れな分、夫婦そろってどうしても心理的に不安な毎日を過ごすことになるようだ。
そういう未熟さがあるためという部分が大きいにちがいない。

【スポンサードリンク】

 

私の友人の中にも早婚になった女性がいたりしたが、とにかく子供を安産で産んだは良いが、子育てで夜もろくろく眠れないから夫婦そろってノイローゼになる、とか語っていたことがある。

そしてまた、早婚はとても後悔が多い、という意味の中には、こういうトラブルの処理能力の低さも暗示していると思うのだが。

晩婚は後悔が少ない?早婚と比べてどう?

そういう早婚に対して、私たち30代女性が目指すことになる晩婚。

この晩婚にももちろん後悔は多い。
特に肉体的に出産や子育てで若いときよりも大変になるのはよく言われることだ。

だがそれでも実社会の現実に照らして考えた場合、いたずらに希望的観測を語るわけではないけれど、早婚の方が晩婚よりもむしろ後悔が多いのではないだろうか?

その理由の一つは、上に挙げたように早婚のカップルというのは互いに対する不満の処理能力は低いし、その時のトラブルはとかく激烈になりやすい。
また、お互い人生経験も未熟なため、結婚した後やっとお互いについて知り得たこともあるし、性格的に合うか合わないかも正しく知ることだって多くなる。

時にはそれが、一緒にいるだけで我慢できないくらいになる場合だってあるだろう。そうなれば一気に結婚から離婚へと突っ走ることだってよく聞く話だ。
成田離婚などはその最たるものだろうか。

ところがカップルがお互い晩婚者同士のばあい、大まかに言えば人間関係の機微も知っている場合が多いし、ケンカになったとしても上手く矛に納める術も心得ていたりするものだ。
そういうトラブルの処理能力の高さが夫婦の間で生きることが多い。

実際、晩婚の方が私の知人にもいるけれど、若い時みたいに何かとケンカの種になるようなこともないし、あったとしてもお互いそれを“危険”と感じて上手くスルーしてしまうと言う。

そのお陰でか、20代の恋愛の頃よりも本音を出しながら、それでいてほんわかほのぼのした夫婦生活だそうだ。

どちらの結婚パターンにも長短はある!

そういうわけで、早婚が後悔多い理由、そして晩婚が後悔があまりなさそうなメリットのある理由を私なりにかみ砕いてお伝えしてみた。

だが同じように考える方も多いし、実際に結婚について、私たち自身のことを考えればすでに早婚のパターンはないわけだ。

一面悲しいけれど、それはそれで後悔を少しでも少なくするようがんばれば良いだけではないだろうか。
などと言うと、それこそアラサー女子の“知恵”みたいに言われることが多い。

でも、結婚の形、夫婦関係はそれこそ千差万別だと言えるだろう。
だから晩婚のメリットばかりを強調してしまうこととなったが、もちろんどちらの結婚パターンにも等しく一長一短があるはずだ。
今回はそれを早婚、そして晩婚も合わせて切り口を考えて語ってみた。
花嫁
晩婚もそういうわけで十分によいものはず。
医者の中にはそういう晩婚女性の妊娠出産を勧めない場合も多いけれど、それでも現実には着実に高齢出産が医学の進歩で可能性を広げてきている。

そういう出産を決して手放しでよいものというわけにはいかないかも知れないけれど、それ以前にぜひ晩婚の良さを知っていただきたい。

ゆうきM美

【スポンサードリンク】
Return Top