WooMess

Just another WordPress site

30代の婚活は厳しいけれど望みは持てる?視点を変えると見えてくる可能性とは

30代になると異様に婚活が厳しい。
よく言われることだ。 
私も20代から婚活を始めてもう30代。
厳しいのは肌で知っているけれど、どうにもならない。

けれどそういう厳しい現実でも、望みは持てるのではないだろうか?
楽観的すぎるかも知れないけれど、だからといってガツガツ焦れば視野が狭くなる。それが表情にも出てしまう。

むしろ視点を変えてみたら良いかも知れない。
まだ気づいていないこと、努力すべきことがありそうだ。

【スポンサードリンク】

 

30代の婚活が厳しいのは当たり前?いつまでも折り合えない男と女の願望

確かに、婚活が30に突入すると途端に厳しい。
誰もが知っている。

それが分かって20代から婚活をスタートしていたはずなのに、アラサー、30代と来てしまった。
多くの女性が直面する、厳しい現実だ。

その理由をよく識者や体験者などが指摘している。
それは30代でも婚活を続けている人は相手に対する希望が高望みなままできている、それをいつまでも捨てないからだ、ということ。

それは何かと言えば、端的に男性に求めている年収の高さ。
もうこれしかない。

しかしながら男性自身の年収の状況、現実をみれば痛ましいほど厳しいものがある。
そして一方、女性のだって30代になれば出産の難しさも深刻化。
これが相乗作用を引き起こしてしまう。

その結果、男性にももちろんだが、婚活業者にさえ敬遠されてしまう。
厳しいけれど、自分の方で相手への条件を思いっきり下げてしまえば見つかるとも言われたりもする。
独身女性
しかしながら実生活を考えれば、最低限の年収さえも男性に求めるな、というのも不可能だ。

あわよくばそれをクリアしている男性がいたとしても、彼らももっとスペックが上の、若い女性をねだることになる。

それで結局両者の折り合いはいつまでたっても平行線だ。

30代の高望みは捨てなくて良い?その方向を見直すこと

確かに結婚とは実生活が立たなければ無理だ。
だから30代の女性たちの相手への希望、よくよく考えれば極端な人を除くと、至極もっともとも言うしかない。

一番中心となる年収を取れば、実生活上ギリギリ最低限が400万だと聞いている。
具体的には総務省の家計調査で言うと、夫婦合わせて500万円くらいになる様だ。
(参考・総務省家計調査 2014年)
ところがこれに反して今の男性の平均年収、400万どころか335万円(2016年 厚労省統計結果)。

どう考えても夫婦でやっていけなくなる から、二つの方策で女性は相手探しをすることになる。
ひとつは平均よりも年収が相当上な男性、それこそ400万以上の人を狙う。
もう一つは、自分も働き、共働きになって必要最低限な年収を確保する。

細かな話を言い続けれが切りが無いけれど、婚活がなかなか上手く行かないのは、いずれにしてもこういう厳しい現実になっているのが大きな原因だ。

女性から見て、逆に男性から見て選択を外れる、相手がいない、これが延々と続いている。

でも、むしろ相手に求める条件を別なもの、言い換えれば方向性を変えたものにして考えてみるのもよいのではないだろうか?
もちろんそれは、こういう実生活上の条件をもある意味“認めていく”様なものでなくてはならない。

じゃあ、それをどこに求めるのか? 

【スポンサードリンク】

人間と結婚するのか、それとも「書類」と結婚するのか?

実際、30代前半で出会いが成功して結婚する割合はわずかに2割強、後半になれば1割にも満たない、厳しいとしか言い様がない現実がある。

30代の婚活がなぜ厳しいことになってしまうのか?
その根本的な理由をよく考えると、一つには私たちの両親祖父母。

昔は恋愛結婚なんて滅多にしなかったし、当時には今の様な婚活のシステムすらなかった。
それでも非常に結婚率は高かった。

なぜだろうか?
それは、今の私たちは、結局婚活している相手同士の間で信頼性を持てないからだ。

例えば、登録している業者がいくら信頼性が高いと評判があったとしても、それはあくまで“人対人”の信頼性ではない。

業者だから営利目的があり、企業秘密があり、さらには不測の事態になれば利用者や登録者を切り捨てて自分だけが安泰になれる法的なシステムだって持ったりする。
その上で紹介してくる相手の男性の信頼性は、そういう業者の「枠内」でしかない。人間自体の信頼性などないし、だからこそサクラも履歴のごまかし、偽装も横行することになる。

業者が出会いを決めるのは、人間相手ではない、その人の持つ履歴や肩書きなどの書類。
五円ハート
私たちは30代ともなれば仕事でも書類を見慣れてはいるけれど、それでも書類と人間と付き合うのとは全く異なる。

昔は仲人がいて、その人が結婚相手について全幅の保証をする様な形だった。
だから今の業者とは違い、十分に安心も出来た。

今の婚活はあくまでも相手を信頼するかどうかは全くの自己責任。
昔と比べてはるかに厳しいのではないだろうか? 

お互いの信頼性をどうやって築くかがポイント?

ちなみに、私は母に
「今の婚活の仕方だったら自分が結婚出来るか?」
と聞いたことがある。

絶対に無理!だそうだ。(超爆笑)
私の両親もお見合いだが、やっぱり仲人というのはそれだけ大切なようだ。

でも、結婚相手を決めるにはそういう大きな信頼性が必ず必要になる。
それが無いから相手に対してどんどん要求がキツくなるし、高望みだとそしられることになる。

だから結論になるけれど、同じような強固な信頼性をお互いの間に持てるように努力する事。
これが最も大切になるはずだ。

果たして回転寿司のように、男女が短時間会話を取り交わして終わる婚活パーティー、相手がまるで見えない出会いサイトなど、ほとんど瞬間で終わる“出会い”が正しいだろうか?

むしろ時間がかかるけれど、職場結婚などのように同じ作業をしたり、運動やサークル活動を継続する中で出会い、少しずつお互いを知ること。
同時にその中で信頼性を確かめ合うことの方が、よりよいはずだ。

一生付き合うことになる相手を探しているわけだから、やはり時間もかかる。
自分を磨く上でも、どうか心に留めていただきたい。

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top