WooMess

Just another WordPress site

奥手な男性の心理は40代でも変わらない?外見よりも中身をしっかり見て背中押し!

奥手の人を好きになった。
しかも40代の男性。
奥手だけにちょっとその心理が読めないことも多い。
しかも婚歴なしだから、何かウラに事情もあるかも?みたいにちょっと引きながら観察することがある。

けれど40代にもなると確かに心理も複雑だ。
しかも奥手で男性となると、いろいろなものを背中にしょっていることもある。

30代そこそこの私が、40代の人の心理を読むなどおこがましいけれど、恋愛なんだから必ずお互い対等でいる事も大切だ。
雲をつかむような気にもなるけれど、いったいどういう付き合い方をすれば良いのだろうか?

【スポンサードリンク】

40代代になると 男性のタイプもかなりはっきり?でも奥手な心理は一緒かも

当然だが、男性にしろ女性にしろ、いろいろなタイプの人がいる。
けれども年齢によって確かにある程度、心理的な部分、考え方や行動パターンなどは一括してみることが出来る。

奥手な人の心理もそういう意味からすれば、30代40代という年齢にかかわらず同じパターンが繰り広げられると言って良い。
でも自分より約10年も年上、40代にもなると自分自身の奥手な性格の見せ方もすごく巧妙かも知れない。

男性心理としてはそれでも大まか、率直なパターンになるかも知れないけれど、それでもけっこう幅が広くて付き合っている私も何だか迷路にはまってしまう。

例えば、私が付き合っているその奥手男性。
LINEやメルアドの交換もきっちりして、連絡とって来て欲しいなどと言ってくれたし、私の方でも同じ言葉を返したはずだった。
この時点ではいわばラブラブ状態。

だがなんと相手の40代(はっきり言うと42歳!)の彼氏。
もう一月この方何にも連絡をよこしてくれない。

SNSやっていて、私もリンクもらっているのも知ってはずなのに、そこにすらノーアクション。
本当に私のこと気にかけているのか、40代とは言えまずまずイケメンだし、何だかこちらの心理状態が壊れそうだったりする。
ヒント

奥手だからこそ愛情を理解できる手立てがある!

こういう風に現場の一人になるとイライラもつのるから、同じ経験をしている女性には本当に同情もするしかない。

けれど奥手男性は、女性に対するアピールが確かにルーズなものの、しっかりとこちらへ配慮もしてくれている。
これは間違いない。

そして話は戻るけれど、40代だろうと50代だろうと、好きな女性に対する気持ちは他の女性とは必ず一線を画す。
女性をつなぎ止めておきたい男性の心理を考えれば、これも当然のことだ。

ただ、それが元もとの性格である奥手という部分に隠れて出てきにくい、そういうところがある。
そこにさらに女性の方で、付き合っている男性が40代だということで、特別な目で見てしまうようになってしまうから、よけいにはぐらかされてしまうのだ。

でもそういう彼氏だからこそ、特定の好きになった女性にしか見せない態度、言葉もちゃんとある。

例えば私も言われたけれど、メルアドとか連絡先、そして何よりデートなど会う約束をして欲しい、とか言う言葉をかけてもらったはずだ。
奥手の男性はなかなか言えないかも知れないけれど、好きな女性だからこそ踏み込める言葉になる。

また、40代だというならば社会経験を積んでいった中で、どこで自分が勇気を出して好きな女性にアピールすべきか、それをも理解しているはずなのだ。

連絡先の交換を彼氏の方から提案してくれたとき、そういう心理や勇気、そしてその背後で後押ししている年齢を経た分しっかりとツボをわきまえている、と感じてしまったことがあった。

【スポンサードリンク】

年齢とともに奥手が進んで消極的に?様々な未婚の背景を乗り越えて

ただ、そうはいってもその彼氏自身、自分が 40代にもなりながらいまだに結婚生活もままならない、そういう中途半端な状態に甘んじていなくてはならないという部分にすごく引け目を感じているようだった。

このパターンの中年男性というのは今、多いかも知れない。
そして要するに、30代40代の未婚女性と同じなのだ。

たとえば、私たちアラサー女性は20代に比べればどうしても若さに勝てない。
女の心理として、30代も半ば近くになれば出産もぐっと難しくなってきてしまう事にも身をつまされ続けることとなる。

このため、ある意味男性よりも女性の方が約10年くらい早く、結婚するか独身を通すかを決めてしまうようなニュアンスすら私自身感じていたりする。

これが奥手な彼氏に言わせると、男性心理として40代にもなっていまだ家庭も持てない経済力しか無いような人間はやっぱりどうかしている、と思ってしまう傾向が強い。

「女性だって結婚相手の経済力は最優先問題だろう?」
自分をディスるようにして彼氏が語った言葉だ。
男性
年齢がそこまでに達しているはずなのに、なかなか経済力が追いつかない分、どうしても結婚に消極的になり、結果として自身の奥手にも拍車がかかる。

「俺に言わせりゃ、今が楽しいから結婚しない、という男は大半自分の甲斐性のなさを糊塗している。どうしてもそういう卑屈な目になってしまうけどね」
だそうだ。

愛情があるから苦労させまいとする彼氏の背中を押すべき?

確かに、女性というのは男性よりも現実的に物事を見てしまう。
結婚して出産を軸に考える分、そのために安全な生活を本能的に求めると言うことだってあるためだろう。

でもこうした奥手な男性のよりどころは、やっぱりそういう嘘偽りない心理状態をしっかり40代の今までキープしてくれていることではないだろうか?
結婚して、旦那の稼ぎの穴をジェンダーフリーの世の中、嫁が上手に埋めていく。

女性にとってはなかなか厳しいと言われる家庭生活だが、それなりにみんながんばって営んでいるし、そういう風に終活中の主婦も私の知人にいたりする。

私としては、変に女性慣れして、遊びで付き合うことになれているよりも、こうして40代の今まで自分に誠実に向き合っている男性。
その心理の方を買いたい。

そして最後になるけれど、交際相手が奥手だったら年齢に固執することなく、こちらからいろいろと誘いをかけてみていけば良いのだ。

そこからお互いの性格や行動パターン、考え方もわかり合っていけるもの。
どうか年齢、見かけに振り回されず、しっかりと交際相手の背中を押していただきたい。

国ノ木はるな

【スポンサードリンク】
Return Top