WooMess

Just another WordPress site

諦めたら終わりじゃなかった?恋愛が上手く行くために知って損しないこととは

どうしても上手く行かない恋愛というのは、諦めるのも大切だ。
だが、諦めたら終わりなわけではない、そんな不思議な恋愛もある。

どうしても好きな人がこちらに振り向いてくれない、結局もうムリ、と諦めたら終わりになる、というのが普通に感じる恋愛の結末かも知れないけれど、中にはそれをくつがえすようにトントンと進んで上手く行ってしまった、などと言う話がある。

そういう不思議な恋愛のいきさつ、安易には言えないけれど諦めたら終わりだと考えている女性たちにとっては知っていて損では無い。

それどころか、自分が好きな相手との間にあるのは、単に自分の努力だけではないようだ。

【スポンサードリンク】

諦めたら終わりとはきつすぎる考え方?諦めたから成し遂げた恋愛もある!

実際、私の知人でもう結婚している女性がいるけれど、その彼女も今の旦那と大恋愛したそうだ。

ケーススタディっぽいけれど、諦めたら終わり、というのが世の常だったら今の彼女は無い。こういう男女のまとまり方もある、ということなのだ。

すでに子供もいる彼女、恋愛と言っても彼女の片思いだったけれど、それでも諦めたら終わり、自分の人生だってもうあり得ない、とまで旦那にゾッコンのアプローチ。
でもどうしても振り向いてくれなかったそうだ。

苦しくて仕方のない恋愛で、この先ずっと同じ思いでいるくらいなら「いっそのこと自分なんか・・・」とも考えていたらしい。

でも結局どうしようも無かった。
聡明でイケメンな旦那の回りにはやっぱりそれらしい女性もいたりしていたし、自分なんかスペック的にも全然張り合えない。

諦めたら終わりだと思ったけどしょうがない、泣く泣く諦めたようだ。
そういう彼女からの音信、それまでは盛んにメールなどもよこしてきたので、ぱったり止んでしまったことに心配になって直に会いに来てくれたそうだ。

で、当の恋愛の相手が来たことで彼女、自分の気持ちを素直に話し、彼氏(旦那)の側にいる女性のことで諦めた、といういきさつを告白したらしい。

旦那もそれを聞いてしょうがない、といったんは思ったそうだが、彼女が周囲にいなくなってしまったら何だがすごく空しい気持ちになってしまったそうだ。

それで結局その女性とは別れたらしい、というか深い恋愛関係では無かったようで、旦那の彼氏も、諦めていた彼女こそ自分にふさわしい女性とその時点で気がついたという。

本当にこの辺、奇跡というか巡り合わせというか。
でも、こんなことは確かに本当に起こってしまうようだ。
ハート

諦めたら終わりと思って良い!けれどそう思えるだけの努力は大切に!

いつもそばにいるとあまり気づかないけれど、自分にとって大切な人だった。

結論から言えば、旦那の彼氏にとってこういう人間関係のケースに彼女は当てはまる女性になっていたようだ。
家族や親友などの親しい友人によくあるパターンだけれど、普段は気づかない、それこそ空気みたいな存在で、そういう人がいったん自分のそばからいなくなると無性に胸にぽっかり空白が出来てしまう。

こういうケースもあったりするから、単純に諦めたら終わりというのは恋愛の実際に100%当てはまるわけでは無い。

断言は出来ないけれど、本当に諦めたら終わりになってしまうというのは、結局のところそのまま一緒にいたとしても、性格や考え方の行き違いなどが激しかったりして、お互いのためにならない恋愛の場合では無いだろうか。

でも、自分に絶対ふさわしい男性、一生そばにいたい彼氏という人がいたとして、その人がどうしても振り向いてくれない時にはどうすれば良いだろうか?

たとえそういう時、というか普通は片思いは全部そういうものだけれど、確かに諦めたら終わりかも知れない。

でも、諦める前にちゃんと努力はしておくべきこと。
彼氏の気持ちを自分に振り向かせ、自分こそが彼氏にふさわしい相手。
そういうようにがんばって行くことが、まず普通に恋愛として必要ではないだろうか。

【スポンサードリンク】

彼氏が諦めなければ結ばれる可能性が

恋愛は確かによく言われるように、シーソーゲームみたいにしてお互いの利害と気持ちの行ったり来たりが生じる。

けれどその人が必要だからこそ自分はこうして付き合っている。
そして相手の男性も自分が必要だから同じ気持ちでいるはずなのだ。

諦めたら終わりになって良い恋愛もあるし、その時は大人としてしっかりと悲しさと向き合うしか無い。

でも「終わり」を最終的に決めるのは自分ひとりでは無い。
私の断言したいポイントはこれになる。

この彼女のエピソードで感じられるように、終わりにしてしまうのは、結局自分と彼氏、二人がそうだと「合意」してしまうことによるはずだ。

もちろんいつもいつもこういう風に“奇跡”が起きるわけではないけれど、でもそれを当てにせず、自分なりに真剣に努力して相手の男性へのアプローチを続けることは必要になるはずなのだ。

だから迷惑ということを考えれば引くけれど、場合によっては彼氏の元に押しかけてしまったりしても良い、成否の保証はしかねるけれど個人的にはそうだと思う。

こういうところは、よく言う「尽くす女」の原理かも知れない。
結婚式
諦めたら終わり、というのは一見潔いけれど、でも彼氏に自分の良さを芯から理解してもらえるならばそれもひとつの荒療治ではないだろうか?

そしてこの彼女のように、自分が相手の彼氏にとってなくてはならない女性、それが二人両方に理解してもらえれば、そういうチャンスもあるべきではないだろうか?

考えてみれば、恋愛というのは二人で共同して行う作業なワケだから、一方が諦めた、ということで全て終わらせるのはある意味傲慢かも知れない。

相手がある、相手の都合だってある。
諦めて別れたとしても、そこに必ず相手の気持ちや将来のことを考えてやらなければいけないはずなのだ。

今、片思いになっている方たちに何らかの勇気を与えることが出来れば幸いだ、と祈りたい。

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top