WooMess

Just another WordPress site

二股男との別れ方はガン無視に限る?何が何でも悪いつながりを切ることが大切!

二股男と運悪く付き合ってしまったらどう別れ方をどうするだろうか?
未練が残る人もいるだろうけれど、そういう自分の想いを一切無視。
良くも悪くもこれが一番正しい別れ方。

二股男への未練とつながりをバッサリ切ること。
そして相手が何を言おうと信じない。ガン無視。
きついようだが一番正しいと信じている。

もちろんそれにはいろいろ理由もある。

【スポンサードリンク】

二股男は初動の段階ですでに不誠実!その言行への信頼度はゼロとみるべき

当然のことながら、二股男というのは、ちゃんと付き合っていたはずの貴方に嘘をついて、別な女性に入れあげていたこととなる。

その時点ですでに彼の貴方に対する誠実さ、それへの信頼性は霧消していると言って良い。
これが完全な別れ方への扉となるはずだ。

女の立場からすればそういう浮気とか二股、生理的に考えても許せるものではないが、その当の男性にしてみれば、貴方もまた手放したくはない。
貴方に知られないように自分が美味い汁を吸おうとしていたのは明白だからだ。

そのような気配の見え隠れが大きいほど、しっかりした別れ方が必要になる。

はっきり言って、人によるけれど二股がバレた時点でこちらが無視を決め込んでいるとき、男性の方からはいろいろともっともらしい理由をつけて言い訳、そしてわびを入れてくるかも知れない。

そしてその上で二股男の典型と言えば、もう二度としないから、などと言っては関係を続けたいと言ったりすることも多いはずだ。

でもはっきり言って、こういう男性の浮気性というのは治らない。

浮気性にもいろいろあるけれど、そういう巧妙に貴方に隠れて別な女性と付き合うなどとしていると言うことは、相当に手慣れていたということも一面言えるし、またこれからも同じケースが勃発しないとは絶対断言できないからだ。

「バレなければ大丈夫」
「もっとアイツ(付き合っている女性)と関係を深めて退っ引きならないようにしておけば、ちょっとやそっとバレても上手く切り抜けられるかも知れないぞ」
みたいなことまで考えている可能性だってある。
怒り
実際、結婚するまではそういう二股男という本性を巧妙に隠していながら、結婚して密着した家庭生活には言ってみると、隠しようがなくなることだって多い。

たとえば、外泊とか夜の帰りが遅い、変な女性から旦那の携帯に連絡が入っている、などなど夫婦になったからこそバレるようなことが出て来ることだって無いと言えな胃はずなのだ。

そういう時点にいたって初めて旦那が二股男だと分かったとしても、その別れ方も相当大変になる。
自分の婚歴にも傷がつくし、離婚や将来への不安だって無視できなくなる。

そういう先のことを考えれば、ガン無視が一番賢明。
それ以上相手にしないようにすること。
これに比肩する方法はないはずだ。

女性の方への警鐘も意味してのこと

こんな厳しいことを言ってしまうのは行きすぎかも知れないけれど、私もそこまで酷い経験は無かったが類似のシチュエーションにはなりかけたことがあった。

細かくは言えないけれど、男性にとってはより年若な女性の方に興味が移るものだ。
元カノの私よりももっと年下のある女性に目が行った、そしてあることをしでかした。

それが元で別れたことがある。

【スポンサードリンク】

 

でも、その時の体験からも言えることとして、結局別れ方にしろ、男性でも女性でも相手の振り方にしろ、はっきりとその存在自体を無視するような厳然とした別れ方の方が良い。

これは何もわざわざおかしなねたみ心で言っているわけではない。

そうした方がお互い、将来の新しいパートナーを見つけるには思い切りと弾みがつくはずだからだ。

なまじ変に別れた相手に未練を持ちながら新しい相手を探したり、付き合ったりするのは極力避けた方が良い。

記憶は記憶としてそういう辛い出来事はしばらく残るだろうけれど、それを無視していく内に、忘れて乗り越える必要があるからだ。

女は一人に尽くす!だが男は複数を愛する?じゃあ子供の幸せはどうなるのか?

二股男というか、男性が複数の女性と関係を持とうという行為についていろいろと正当化するような理由を目にすることが多い。

そのうち最もよく知られているのは、女と男の生理のちがい、というものだ。
『女というのはただ一人の男に対して愛情を注ぐようにできている。
これは二人の家庭を支えて子育てをするために本能的に女が持つ習性となる。

一方、男の方は子孫を多く残そうという種族維持本能から、多くの女と交わってできるだけたくさんの子供を持つ習性を持つ。
だから男の浮気はどこかで認められていくべき部分もあるのではないか?』
といったセオリーだ。

でもこれは二つの大きな欠点、というか無視できないポイントがある、と私自身は思っている。
あくまでも個人的な意見としてなので異論もあるかも知れないけれど、その一番目には、このセオリー、男性はそういう習性を持つから女性は我慢しなくてはならない、という感じにも受け取れないだろうか?

もう一つは、子供の幸せについては言及されていない。
子供の成長にとって一番理想的なのは例外があるとしても、やはり両親がそろった環境が最も好ましいはずだ。

もしも二股や浮気がばれて離婚でもしたらそれが破壊されてしまうこととなる。
そういう子供にとって辛い体験をさせてしまう前に、何とかして手立てを打った方が良い、というのが無視し続けるという別れ方の根底にある。

今の世の中、すごく離婚が増えてしまい、それこそ子供が小さいときに別れてしまうケースも後を絶たない。
その原因はいろいろあるし、二股男とか浮気などもあれば、性格の不一致、経済的理由など様々だ。

だがそういう結婚後の別れ方よりも、そこに至る前にしっかりと別れた方が何よりお互いの将来、そして生まれてくる子供たちにとっては何よりよいのではないだろうか?

当たり前だけれど、こういう問題が起こっても子供の発言権など無いに等しい。
別れる前に感情を一時的にでも納め、子供の目線を持って熟考することが大切になるにちがいない。

知人に相談してみるのも手?変に情が湧いて踏ん切りがつかない限りまた再発も

相手の男性が実は二股男であったとしても、その別れ方、なかなか情も湧いてくるだろうし、一度は心を許していた関係でもある。
ガン無視を、と行ってもなかなか安易に実行しきれるものではないかも知れない。

だがくどいようだけれど、そういう二股男というのは自分自身の勘違いでも無い限り、繰り返す可能性も捨てきれない。

その危険性が将来どのくらいになるのか、安易に推し量ることはできないかも知れないけれど、一つの目安として私はその二股男の彼氏とどういう経緯で出会い、付き合うことに発展していったのか?
そこに本当に心底女性の方に惚れ込んで付き合っていたのかどうか?
それをなるだけ客観視していく必要もあるだろう。

そういうことに目の肥えた友人でも先輩女子でもよいからちょっと尋ねてみるのも手だ。

別れ方もいろいろだけれど、辛いのはどんな別れ方も同じになる。
でもその後の将来の築き方は、完全にすべてその二股男の元彼との関係を白紙にして無視。
それが最良だと思って疑わないし、そういう勇気と決意こそが将来を真剣に考えた場合必要になるにちがいない。

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top