WooMess

Just another WordPress site

迷惑電話の撃退でおもしろい「根元から絶つ?」みたいな方法!

迷惑電話、この4文字を聞くだけでうざい!
と思うのはたぶんどなたでもそうだと思います。

そして、ネットなどで検索すれば、迷惑電話を何とか撃退できないか、と多くの方たちが日夜良いチエを絞っているみたいです。

検索すると、中には勧誘などの迷惑電話を、口八丁手八丁で煙に巻くような「おもしろ撃退方法」が、ドッと出てきます。

そんな方法も確かに役に立つかもしれませんが、もっと抜群の効果、それこそ「根元から撃退できるような、「超おもしろ」的方法があるのをご存じでしょうか?
さっそく語ってみましょう!

【スポンサードリンク】

迷惑電話を撃退する「根っこから絶つ面白方法」とは

これ以上はない、そして面白すぎるみたいな迷惑電話の撃退方法は、一言で言えば次の通りの方法です。

自分の電話の機能をストップさせれば良い

いかがでしょうか?
こうすれば、100%迷惑電話はかかりません。当然すぎる、そして面白すぎる撃退方法です。

迷惑電話のかかってきそうな時間や日に電話やスマホを切断する

おもしろいというか何というか、ムチャな迷惑電話の撃退方法に見えるかもしれません。

今や電話は私たちの生活には必需品。
誰に言われなくとも、誰でも肌で知っている法則のはずです。
電話
だからいくら迷惑電話を完全撃退できる、とはいえ、
「冗談じゃない、生活できなくなる!」
「家族や友人と連絡できないじゃないの!」
「まさかの時にはどうするのよ!?」
みたいに、いくらでも疑問と怒りが湧いてくるにちがいないのです。

確かにとんでもない、とんでもなさ過ぎる迷惑電話のおもしろ撃退方法ですが、そこでこういう操作をしてみてはいかがでしょうか?

迷惑電話のかかってきやすい、よくかかってくる時間や曜日に電話やスマホの電話機能を切断する。

確かに四六時中そういう迷惑電話に悩まされている方もいないわけではない、と思いますが、たいていの場合、特定の時間帯や曜日に限ってそういう勧誘とか売り込みの電話がかかってくると思います。

その時間や曜日を狙い撃ちして、その時だけ電話機能を絶ってしまうのです。
つまり、固定電話でもスマホでも、そういう時間帯に限って電源を断ったりする、ということ。

たいていの場合、セールスとか勧誘の電話は、個人の電話やスマホには平日営業日にあまりかかってこないはずです。
逆に営業時間外の夜とか週末の午後など、そういう電話はかかってくることが多いので、その時間帯に電話機能を停止してしまえば良いのです。

【スポンサードリンク】

友人や家族にあらかじめ断りを

ただ、そうすると電話がつながらない時間が当然出てきます。

そういう時に一番危険なのは、緊急事態とか家族、友人などから大事な用向きで電話がかかってくるような場合もないとは限らないことです。

そのようなリスクがあるので、あくまでもこの撃退方法は、オススメできないところがあります。
今の電話社会から考えて、「おもしろ撃退方法」と言うよりは、ある意味「危険な方法」かもしれません。
スマホ
だからオススメはできないし、こういうリスクは十分前もって含んでおいてください。

ただ、もしも行うとすればそういうリスク把握までも自己責任、承知の上のこととなりますし、その際には前もって友人や家族、または仕事先などにさえもご報告しておく方が良いかと思います。
そしてさらに、電話以外の通信手段、たとえばメールのやりとりなどの手段をぜひ確保しておくべきです。

電話料金にお金を使いすぎてない?

私も実際、こんな迷惑電話撃退のおもしろ方法があったとは思いませんでした。

ですが、考えてみればいつも電話というのは「つなげているもの」という先入観があったから気がつかなかったのかもしれません。

そこでよくよく考えてみれば、いつもいつも電話ってつないでいるべき物でしょうか?
確かに緊急の際、連絡の際には便利なアイテムですが、考えてみれば、
「電話ってかけない、取らない時間の方がずっと多い」
のではないでしょうか?

だとすれば、そんなふうに電話を取らないでいて、その間に余分な電気や回線の使用料を払っているお金、無駄に見えて来るのです。
そうすると、私たちって、電話料金にお金を使いすぎていないかと思いますが、いかがでしょうか?

最後になりますが、こうしてお伝えしてみた「おもしろ過ぎる」というか、おもしろすぎて「笑えない(!?)」迷惑電話の撃退方法。
くどいようですがリスクも大きいのでぜったいに安易なオススメはできません。

けれど、そういうわけで自分なりに今の電話というものへの料金のかかり方にちょっと疑問が湧いた、という意味もあります。

その内、もっと頭の良い方が迷惑電話の完ぺきな撃退方法を考えてくれるのかもしれませんね。笑

後藤ゆかり

【スポンサードリンク】
Return Top