WooMess

Just another WordPress site

脈ありと勘違いでショック?年下の彼に振り回されないために!

職場でもよくある脈ありと勘違い。
相手が年下の男性だと、よけい脈ありと勘違いの垣根があいまいだ。

そんな年下の彼に振り回されないようにするにはどうしたらよいのだろうか?

脈ありだと勘違いしてショックを受けるのはイヤだけれど、そこには彼とそして貴女、二人に原因がある。
本当に良い男と女の関係のために大切な事をお伝えしてみたい。

【スポンサードリンク】

年下の彼にも自分にも原因がある?脈ありと勘違いに潜む2つの真相を理解!

まず、貴女や私たちがよく考える「脈あり」は二つの面がある。
それが実は勘違いする行為とすごく結びついている。

一つは貴女自身の「思い込み」。
もう一つは、ありのままの「客観的な事実」。
これ二つが年下の男性が相手だと、ブレが大きくなるようだ。

つまり、本来一つ、一通りしかないはずの「客観的事実」、彼の本音とか事実関係を貴女自身が推測したり、自己都合で解釈して脈ありだという「思い込み」ができあがる。
それがすさまじくなれば「勘違い女」のできあがりになる。

年下の男性だってちょっとした優しさをのぞかせてくるけれど、それが単なる親切心からのこともある。
そして自分の気持ちをハッキリ出してこない。
だから、よけい振り回されて、いつの間にかこちらが脈ありだと勘違いしてしまう。
脈あり?
この「思い込み」の振れ幅はある意味無限なのはおわかりだろう。
貴女自身の考え、気持ち次第で、どうとでもとれるのだ。
たった一つしかない彼の本心が、「客観的な事実」を自分の都合でよいように「変えて」いってしまう。

これが勘違いの大元だし、相手が年下のような、脈ありかどうかの態度があいまいな男性だとよけいに怖い。

年下の彼にはできるだけ冷静に!時間をかけて観察を

ということは、特にそういう年下の男性にたいしては、何よりも大きな思い込みや心の動揺に「ちょっと待った!」をかけるべきだ。

大体経験的なことを申し上げれば、ちょっとした男性の行為に脈ありだと浮き足立って勘違いしてしまうのは、なかなか交際に慣れていなかったり、勤め先の空気になじんでいない人に多いように思う。

だから、たとえその年下の男性が可愛い、みたいな感情が反応として湧いたとしても、すぐ行動を起こさないこと。

ひとまずは一呼吸置いてみて冷静に、彼の様子を観察してみることだ。

そして、同時に貴女がまだその職場になじんでいたり、彼のことをよく知らないようなら、時間を少しでもかけて落ち着いた態度を続けるようにするとよい。

すぐに彼の本心を知りたければこれしかない!貴女自身から行動を

ただ、世の中にはやっぱり待つ事が苦手な人は圧倒的に多い。

時間をかけて待つのが得策だと言っても、自分の気持ちがはやってしまうのがやっぱり私たち崖っぷちのアラサー女子ということでもある。

そして自分自身の動揺に耐えかねてしまって、「脈ありかも?」と心の中でつぶやいただけで熱くなってしまうことだってある。

そんな風にして、年下の彼が気になってしょうがなくなり、
「ちょっとやそっと恥をかいてもよい。今すぐにでも彼の本心が知りたい!」となる人も多い。

でももしも勘違いでもかまわない、少々のリスクは自己責任、と覚悟を決めるのなら、貴女自身で動いてみるのもよいだろう。

つまり、彼の本心、本当に脈ありかどうかを貴女の方から動いて探るのだ。
この方法、二つの道がある。
次のようなモノだ。

1.恋人同士がやる行為を彼に提案

例えばLINEなどを使って、トークを持ちかけたり、メルアドを交換し合ったり、食事の約束を提案してみたりするとよい。

思い切ってデートしてみるのも手だろう。

それでどこかの時点で彼が拒絶してこなければ、それは単なる彼の親切、優しさでストップしていたことが分かる。

この時点で何もかも勘違い、ENDになる。
それはぜひご理解しておくべきだ。

【スポンサードリンク】

2.彼の貴女への気持ちを育てる

けれどもう一つ別な方法がある。
それは、彼の気持ちを「育てる」のだ。

これは、たとえ彼の気持ちがこちらに向いていなくとも、貴女が今後彼に対して優しく接したり、それこそ恋人未満、親しい者同士の関係を続けていく仲で、次第に彼の気持ちをつかむことが出来るかも知れない。

それこそ食事でもメルアド交換でもよいけれど濃厚になりすぎず、冷淡すぎない関係を維持していく。

そしてそんな中、次第に年下の彼の気持ちを自分に向かわせるようなアクションをフッと出していく。
これがミソ。
勘違いがだんだんと勘違いではなくなっていく、そんな方法になるだろうか。
カフェ
だからこれは単に彼の脈ありを探るかどうかだけではない。
クリエイティブというか、ポジティブ指向だ。

もちろんこのとき、時間をかけることは言うまでもない。
だから、焦っていきなり「アイラブユー」は禁物だ。笑

最後に−「おばさん」をしっかり自認!

そんなわけで、年下の男性が自分に脈ありだと勘違いしないためには、貴女にも原因がある。

だから貴女自身の気持ちをまずしっかり保つ、客観的に彼のことを見つめることが大切。
これを中心に対策をお伝えしてみた。

でも実際、年下の男性と年上の女性がカップルをつくるのは最近多いから、確かにそういう年下の彼から本当に脈ありな気持ちをもらうことだってあるだろう。

勘違いを心配しすぎては何も始まらないし、失敗はつきものだと割り切って前向きに考えるべきではないだろうか?

ただ、くどいようだけれど、彼らに対して私たちは「おばさん」的存在でもある。
表面的には仲良く打ち解けやすいけれど、そこまででストップするのもしょうがない、と大人として彼らに接するのも大切かも知れない。

【ちょっと体験】年下男性は移り気!

年下の男性は、脈ありかどうかも分かりづらいし、確かにアプローチの仕方もあいまいかも知れない。

けれど、それ以上に「思考回路」もまたマトリックス。
私たちから見れば、あちこちに興味が湧いては消えたりと、移り気なことが多いみたいだ。

私がお勤めしていた時代(というほど古い話ではないけど 笑)、やっぱり年期が入ると部下を持ち、その中には年下の男の子もいた。

でも女の私は彼になめられてはいけない、みたいなプライドがあって、お恥ずかしながらよけいいきり立ったり、固いイメージを出そうとしていた。
多分管理職の女性は大体そうだろうと思う。

もちろんそんな中で、優しい面とか打ち解けやすいイメージも出さなくてはいけないから、時には褒めたり、ちょっとしたトラブルは肩代わりもしていたことがある。

それなりによい関係だったと思うし、時には彼の方から
「いつもお世話になってるんで」
と前置きして自販機で缶コーヒーをもらったことだってあった。

でも脈ありとか何とかでは全然なく、それ以上の関係はできなかった。
そもそも彼自身、私に対してそれ以上の“行為(好意?)”を示してくることはなかった。

チョコチョコと職場の女性には同じような態度を仕掛けていたようで、変な言い方だけれどあちこちで叱られながらも職場の他の同僚女性に気軽に声はかけていた。

で、その一人とくっつくかな、とおもいきや、社外で彼女を見つけて付き合っているとかいないとか。
私もそれを聞いて単刀直入に彼に「聞いて」みたことがある。

そしたら
「いやー、職場の女の人なんかと付き合うと、プライベートでもずっと仕事気分でじゃないですか?そんなの絶対イヤですよ」
と直答。

いやはや、私がもしも彼に自分に脈ありかを聞き出そうとしていたらとんだ大恥だった。笑

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top