WooMess

Just another WordPress site

切れ痔にワセリンは大丈夫?人に知られずこっそり一人で治す方法をご紹介!

「切れ痔を治したいけれど病院に行くのも恥ずかしい」
そんな方に朗報です!
ワセリンは大丈夫なんです。

深刻な切れ痔でトイレのたびに痛みと出血。
原因がはっきりわからなくとも、肛門にワセリンは大丈夫。
しっかり自分で塗れます。

ワセリンの塗り方には二つあって、どちらも大切になります。
切れ痔になぜワセリンは大丈夫なのか?
その理由と一緒に人に知られることなく、自分一人でこっそり治してしまう塗り方をご紹介しましょう。
切れ痔に悩む方は必見です!

【スポンサードリンク】

なぜ切れ痔にワセリンなのか、そこには3つの理由が!

でも、切れ痔の時になぜワセリンは大丈夫なのか、ちょっと疑問に思う方も多いかと思います。

でも、ワセリンというのは石油から生成した単一物質のため、水を通しません。
だから保湿効果も抜群で、私たちがお風呂上がりに保湿のためによく使っているとおりです。

そして刺激もほとんど無いため、皮膚や傷、火傷に直接塗ってもワセリンは大丈夫です。

さらにワセリンを切れ痔の肛門に塗ることによって、固い便や下痢の時にもスムーズに排便ができるし、肛門の裂傷や傷口を便で汚すリスクが減ります。

これがとても大事なことで、切れ痔の人が排便すると、便が傷口に付着することで汚くなってしまうし、場合によっては化膿も考えられるでしょう。
そうなると治るのが遅くなってしまうのです。

さらにお尻を拭いた後、傷のある肛門を拭くことで余計に乾燥して悪化することを伏せ次ぐという、保湿機能やバリア機能が期待できます。

こうしたメリットをまとめると、次の3つになります。

・排便をスムーズにする。
・傷を清潔に保つ。
・肛門の乾燥を防ぎ、保湿を保つ。

切れ痔に直接塗ってもワセリンは大丈夫。
ワセリンだからこそうってつけ、と言うのがおわかりでしょうか?
軟膏

塗り方

そのワセリンの塗り方ですが、大体次の4通りになります。
あくまでも他の人たちには内緒のまま、自分自身でできる方法ですね。

・指に直につけて塗る
・ナイロン手袋(百均などで買える、使い捨てのもの)を使う
・ティッシュペーパーを使う
・綿棒を使う

どれも一長一短なんですが、切れ痔などに塗る時には、患部が直接目で確認できない場所となります。

そうするとティッシュペーパーや綿棒では、なかなか患部に正確に塗るのが難しいかもしれません。
もしもそうしたいなら、鏡を使ったりして上手に確認しながらやると良いでしょう。

この点指で直に塗ったり、ナイロン手袋を使う時には割合楽に塗れるので、おすすめです。

いつ塗ればいいの?

そしてワセリンを塗る時ですが、基本的に

・排便前
・排便後

の両方の時に塗るようにします。
排便前に塗ることで、便通をスムーズにして傷口を便から保護できますし、排便後にお尻を拭いた後、患部が乾燥するのをワセリンが防いでくれるからです。

【スポンサードリンク】

 

念のためですが、切れ痔などの傷口に直に塗ってもワセリンは大丈夫です。
ワセリンは非常に副作用が少ないことで知られています。
このため傷口や皮膚を透過しませんし、傷を刺激しません。

ただごく少数ですが、そういうワセリンといえどもお風呂上がりの保湿で塗ろうとすると肌がかぶれたりする人もいたりします。
季節などにもよりますが、肛門周りも同じになるようですね。

ですので、過敏な方は排便後にワセリンを再び塗った後、それをいつまでも放っておかない方が良いでしょう。

1日に数回、ウェットティッシュなどで拭き取り、再び塗り直すなどして清潔にしておき、なるだけ皮膚を清潔にしておくようおすすめします。
ただしくれぐれも拭きすぎないようにしてください。

なお、切れ痔で実際に病院に行って治療を処方してもらった方の話ですが、やはりそこでもワセリンを塗ることを処方されたと言っています。

実際の医療の治療でもワセリンは大丈夫、ということの表れですね。
痔

どのくらいの期間で切れ痔が治るの?塗るコツも影響するから教えちゃいます!

そしてどのくらいの期間ワセリンを塗る作業を続ければ良いのか?
そういう疑問を持つ方もいることでしょう。

だいたい大まかですが、2週間くらいのようです。
早い人だと1週間しないうちにずいぶん楽になってくると言いますし、また微妙にワセリンの塗り方にもコツがあるようです。
そしてそれをしているかどうかで、また微妙に治る期間に影響してくるようですね。

そのコツを2つほどお教えいたしましょう。

・外側だけでなく、できれば肛門のちょっと内側まで塗っておく。
(内部が切れてしまうことが結構あるため)
・この二つを正確にやるためには、できるだけ自分の指を使うこと。
(手袋ではちょっと不器用になりすぎてしまう)

ただし、手袋だったら使い捨てできますが、指で直に塗ると指が汚くなります。
塗った後はすぐにしっかり手を洗ってください。

また、注意しなくてはならないのが、つけすぎて下着を汚してしまわないようにすること。
またそうでなくともワセリンは基本ベトベトギトギトする物質になります。
ですのでお尻に塗るとどうしても違和感は拭いきれません。

ある程度、我慢して慣れること。
これをぜひ事前にご理解しておいてください。

これでも治らなければやっぱり病院で診察を!

切れ痔にワセリンは大丈夫、直に塗って過ごせば自然に治っていくもの。
そういう知恵の一つをご紹介させていただきました。

ですが、いくら塗ってもワセリンは大丈夫ですが、元々そういう切れ痔になった原因そのものが改善されない限り、またいつ再発するとも限りません。

また、ワセリン自体はそういう即効性のある優れた物質なことは間違いありませんが、長期間にわたって同じところに塗り続けると、結局皮膚の自然治癒力を弱めてしまうと言うデメリットもあります。

ですのでいったんはこういう方法で症状が改善しても、またすぐに再発するなどと言う場合には他に原因があるかもしれません。
そのときには覚悟を決めて病院の肛門科などで診察を受けてみることをおすすめいたします。

どうぞお大事に。

後藤ゆかり

【スポンサードリンク】
Return Top