WooMess

Just another WordPress site

気になる人の視線を感じる?絶好の機会を逃さないために知って得する4つのこと!

職場で好きなタイプの男性や、通勤の行き帰りの電車の中で気になる人が自に視線を投げてくるのを感じることがある。
もしかしたらそれは交際のきっかけとなる絶好の機械かも知れない。

それが自分の気になる人だとしても、視線の意味は何なのか、誰でも最初は疑問に感じるかも知れない。
だが、気になる人だからこそ視線をいっそう感じるワケだし、恋愛関係の予感だってするはずだ。

そういう気になる人が自分の周囲で視線を投げながら立ち止まっているとき、どう対応すれば良いか、知っておいて得することを4つほど語ってみたい。

【スポンサードリンク】

【1】ケースバイケース?気になる人からの視線を感じるからと言って安易に応じてはいけない?

まず、いろいろなシチュエーションの違いがあるので、一概に言えるわけではないが、職場でいつも一緒に仕事をしている同僚男性の中に気になる人とがいて、視線を感じるようなら安心感もあることだろう。

だが、難しいのは電車や地下鉄の中でそういうことをしてくる男性。
基本的に見ず知らずの人だ。
一見誠実そうで自分の好きになるタイプだからこそ気になる人になるわけだけれど、そういう基本人「赤の他人」の男性はまず要注意。

視線を感じる相手が職場の同僚なら、こちらから接近したり話しかけても良いかも知れないが、そうでなければ最低でも相手の男性がさらに声をかけてくるのを待つか、くれぐれも怪しげなそぶりを見せたら立ち去るのが良い。

もしも相手の男性が常識を知っていれば、そこでもっとしっかりした対応が必要こだと気づくだろう。

難しい判断だけれど、安易に気になる人だからと言って知らない他人を信じることは出来ないし、危険だ。
改札口

【2】男性はアプローチが下手

ただ、そうかと言って気心の知れた職場の同僚男性などから視線を感じるからと言って、その男性が信頼をどこまで置けるかは難しい判断だ。

そこからは自己責任のリスク理解での世界になるけれど、それと同時に知って損ないことがもう一つある。

男性はほぼ間違いなく女性へのアプローチはヘタだ。
気になる人がやたらと視線を自分の方に向けるのも、ある意味そういう不器用さを表しているものと言える。

面と向かって交際を申し込むなどと言うのは女性に劣らず男性でも相当な勇気と慣れを感じるものだからだ。

ということは、気になる人が職場でそういう視線を頻繁に向けてきているのを感じるならば、断定はあくまで出来かねるけれどあなたのことに興味が湧いて、そして祖気になっている証拠と言って良いかも知れない。

ただ、自分で上手く気持ちを言えない、切り出せなくて結局そういう行為に走ってしまうのだ。

【スポンサードリンク】

【3】こちらから気になる人の背中を押してあげる

そういう男性が自分の身近にいたりして、しかもそのカレが職場の同僚だったり、昔からよく知っている親しい男性だったりしたらセキュリティの問題はかなりクリアしているはず。

そして後はあなたの気持ち次第だということになるのだが、上にお伝えしたように男性は大方自己表現は苦手な人が多いものだ。

だからそれをあなたの方でカバーしてあげると良い。
つまり、ある程度あなたの方から気づいて、気になる人へと歩み寄って彼の気持ちの背中を押してあげるのだ。

他の同僚男性よりもその気になる人から視線を感じるというのは、ある意味あなたの方でも心の準備も出来ている。
そういう時には思い切ってこちらから接近してみるのもアリだ。
微笑み

【4】その視線、ホンモノ?うっかり早まった勘違いで墓穴を掘ることにも

そういうわけで、まさか電車やバス、地下鉄の中で気になる人から視線を感じるからといって安易に自分から近づく女性はいない。

だが、職場とか地域のサークル活動、ボランティア活動の現場などでは結構ありそうなことになる。
その時には特に相手の男性が不器用そうだったりしている場合、上の様に女性の方からアプローチのようなこともしたほうがよい。

し課しそういう親しい関係だからこそ、『勘違い』にはいっそう気をつけていただきたい。

つまり男性側では全然あなたのことが気になって視線を送っているわけではなく、本当にたまたまお互い見つめ合うようなシチュエーションになってしまったようなとき。
職場によってはありがちなところもあるはずだ。

特に草食系の男性だと、すごく態度が曖昧になるから、女性の方が先走って思い込んで決めつけてしまうケースもないわけではない。

職場のような緊密な関係の中でいったんそういう勘違いが知れ渡ると、本当に墓穴になってしまう。
場合によってはどちらかが職から身を引くことだってあり得るからだ。
だからある意味これが一番大切だと感じるのだが、相手の気になっている人が本当にあなたに視線を送ってきているのか?
カレの周囲にいる人や、自分の周囲の同僚女性などにそれとなくいろいろ聞いてみて見るとよい。

またある時には、例えばちょっと卑怯かも知れないが、勤務先のオフィスの窓に映るその人の表情、視線を確認して間違いがないかを確認するのも良いかも知れない。

最後になるけれど、上の4つからお分かりの通り、女性も結構受け身だけで済ますだけではない。
自分で工夫したり、気になる人へ積極的にアプローチしてみることも大切になってくる。

自分の将来がかかっている大切なことだけに、幸せは自分の努力で掴もうとすること。
ぜひそういう積極的な気持ちを忘れないでいただきたい。

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top