WooMess

Just another WordPress site

社内恋愛の片思いが辛い?頭の中がグルグル迷走してどうにもならない時の離れ技!

好きな人が職場にいる、という社内恋愛の悩みは尽きない。
特に片思いのまま、自分の気持ちを伝えられないのは本当に辛いものだ。

社内恋愛はなまじ片思いの好きな男性がすぐ近くにいる。
それでいて同じ職場だということでいろいろと気兼ねも出てくる。
それで位自分から言い出せない分、よけいに辛いのだ。

社内恋愛で片思いに陥りながら辛い気持ちのまま何年も過ごす女性もいたりする。
そんな時、どうしたら一番良いのだろうか?

【スポンサードリンク】

辛い片思いを乗り越えるのは社内恋愛に対する考え方と勇気が大切!

でもここではっきり言えることは、社内恋愛でたとえ交際がスタートしようと、そうでなく辛い片思いのままであろうと、その舵取りはすべて自分自身が握っている。
本当に同情するけれど、自分で解決するしかない。

ここでアドバイスしたい。
社内恋愛で、相手の男性に片思いに陥っている時、色々な思いが頭をぐるぐる巡って辛い中であっても、一人の女性として必ず合理的な思考回路はあるはずだ。

だからこそ辛い方思いのまま、踏み出せずにいる。
こちらから告白するなどして、社内恋愛を進展させようとはできないはずなのだ。

「もう他の女性と付き合っているのかも?」
「告白しても断られたら同じ職場ですごく気まずいし」
「仮に告白して交際しても、それで職場で噂になったり上司の耳に入ったらどうしよう?」

こういう、出口のない心配が頭をよぎってしまう。
ハート
だがここでぜひよく考えていただきたい。
ぶっちゃけてしまうと、年齢的に私たちは「待ったなし」。
この先も片思いのままでいることは避けなくてはならない。

確かに相手の男性の職場での立場、そして仕事の都合なども考えれば 片思いのまま、辛い毎日に甘んじるしかない、社内恋愛などやめておくべきだ、などと消極的な気持ちも出て来るに違いない。

でも、迷惑になるかどうかはやってみなくてはわからないことなのだ。
自己責任でやってみて、もしも迷惑な結果だということになった時に、大人の女性としてしっかり
「ごめんなさい」
と謝れば良いことだ。

もちろんそれだけでは済まない場合もあるかもしれないけれど、幸せは自分でつかむ時代になっている。
失敗を恐れて成功はありえない。

最近は草食系の男性も増えてきているけれど、だからこそ女性が積極的に打って出るべきではないだろうか?

禁断の社内恋愛は避けるほうが懸命

ただ、いくら職場で片思いだと言っても、もちろん告白したりして上手く行った結果、よけい辛い目にあったりすることというのが間違いなく見えている場合だってある。

禁断の社内恋愛とも言うべきか、その典型はやっぱり相手の男性が既婚者等の場合だろう。
他にもその男性が同しようもない遊び人だったり、変にこちらの片思いを嗅ぎつけられて弄ばれそうな気配なども感じる時があるかもしれない。

そういうときには辛いけれど、同じ職場でもなるだけ会わない、顔を見ないように努力するなどして忘れるようにしたほうが懸命だ。

【スポンサードリンク】

片思いを諦めて社内恋愛を精算する離れ技とは?

もちろんそうでなくとも、辛い片思いのままであっても、自分自身には婚約者がもともといたり、あるいは病気などの理由で否が応でも社内恋を諦める必要があるかもしれない。

そういう時、どうしても片思いを忘れたい、辛い毎日から抜け出したいというのなら、退職も一つの選択肢だろう。

だが自分自身、様々な仕事上のしがらみとか経済上の都合からおいそれと仕事をやめたりするのはたいてい難しいはずだ。

そういう時にぜひ検討していただきたい離れ技のような方法がある。

一人旅だ。
それも1日2日などという、、短いものではなく、できれば有給を目一杯消化するなどして1週間くらい、最低でも旅に出ていただきたい。

そのためにはもちろん早くから休暇の予定も組んでおかなくてはならないことになるから注意しておいていただきたい。

私の友人にも職場のストレスがずっしりと重なってうんざりした時、10日くらい有給を取って長期旅行に出かけるアラサー女子がいる。

さるオフィスでOLの彼女、結婚相手も見つからない、今の職場が嫌で転職したいと願いながら失敗続きで何かといえば愚痴をこぼしているほどだ。

その彼女が旅から帰ると、ケロッとして元気になっている。

実際長い旅行は生活環境をガラリと変えるし、それにともなっていつもこびりついている凝り固まった思考回路も楽になる。

そして今までの人間関係をプッツリ切ることで、心身がリフレッシュできるのだ。

社内恋愛での片思いなど、硬直した人間関係で心が辛い時にはおすすめになる。
エンゼル
最後になるけれど、片思いになったことを感じたなら、私たちは年齢から考えてもある意味人生の岐路に立ったといえるはず。
本当に女として、勇気が試される場面かもしれない。

確かに何らかの迷惑が相手の男性にも、また職場にもかかることになるのかもしれないが、考えてみれば私たちは一人ひとりが社会に何らかの形で割り込み、何らかの意味で迷惑をかけてきているように思うのだ。

だから「それを今更なんだ」というわけではないにしろ、それで自分の決断や勇気をそいでしまうのはいかがなものだろうか?

懸命なご判断とともに、ぜひご自身の手で幸せをつかむことを願いたい。

加藤由美子

【スポンサードリンク】
Return Top