WooMess

Just another WordPress site

アメンバーになって小林麻央「読みたい方だけ」を読んでいる一人として胸に迫ること!

小林麻央さんブログKOKORO「読みたい方だけ」記事を読めるアメンバーになった。

読みたい記事があるかと言えば、実際のところそれほどに強い願望があるわけでは無いけれど、小林麻央さんはあの末期がんの体で、相変わらずアメンバー限定記事も書き続けているし、ブログの更新も熱心に続けている。

その小林麻央さんの姿勢に密かに感動してしまっている一人だからだ。

アメンバー限定記事になるとやっぱり小林麻央さん自身の病状に関する深刻な内容があふれているし、あえて読みたいと気持ちになるかと言えば、かえって切なすぎる内容だ。

末期がん患者として、子供たちと夫・市川海老蔵さんのもとに戻り、ある意味凄絶な覚悟をしているにちがいない彼女。
私の目からは、それこそ勇気と決断力の固まりのような女性に見える。

【スポンサードリンク】

どうしても小林麻央とオーバーラップしてしまう知人の末期がん患者

今や日本人の2人の内1人はがんにかかる時代になっている。

小林麻央さんのブログKOKOROのように、そういう患者の方たちの中には自分の身を叱咤するかのようにして同じような方法をとりながら、自身の病状を発信している人も多く、ネットを検索すればかなりの数がヒットする。

私もそういう他の方のブログやその他の情報を細かくチェックしたわけではない。
けれど、その中でも小林麻央さんのアメンバー限定、つまり「読みたい方だけ」と銘打っている記事の内容は短い言葉ながら、非常に生々しい病状と、その治療の様子を伝えていると言ってよい。

もちろんアメンバー限定記事なのだから、読む私たちはその内容、このようなブログの中で引用も出来ない。

だが小林麻央さんのような末期がんの患者を身内に持ったり、あるいは知人がいてそういう人を見舞った経験のある人は、私のようにとりわけ重々しい思いに駆られることが多いのではないだろうか?

これだけがんの罹患率が増えている現在、確かに自分の身内や知人を見渡せば、おそらく誰でもそういう病気にかかっている人がいたりする。
そう私は思っている。
あるいは今後もしかしたら自分もまたそういう病気になるのでは、とおののいている方たちも多いことだろう。

そういう人たちのために、アメンバー限定記事「読みたい方だけ」という内容は、ひときわ興味深いものになっているにちがいない。
点滴
「読みたい方だけ」のアメンバー限定記事というのは、基本的にそういう末期がんの治療や病状についての生々しい告白が連続していると言ってよい。

私自身、そういう小林麻央さんの「読みたい方だけ」の記事を見たいと思ってアメンバーになったのは、結局知人にそういう同じようながんにかかっている人がいて、「一体他の人たちはどういう治療や過ごし方をしているんだろう?」
という思い、悪く言えば好奇心かも知れない。

また、よく言えばそういう同じ病気を持つ人同士で、同じ苦労を体験している連帯意識のようなものを感じることが出来るのではないだろうか?

とりわけ小林麻央さんのブログは現在、アメブロの中でもダントツの人気。
常にトップに殿堂入りしていて、読者も200万人を数えているという。

だからブログ記事一つ一つに対する読者の書き込みも大変多い。
そしてそれらを読んでみると、その中にはとりわけ小林麻央さんと同じ乳がんにかかっている女性の方たちの書き込みが多く、大変印象深いものもある。

中には小林麻央さんの記事本文を補ってあまりあるほどの内容も見られるようだ。

そういう書き込み内容を麻央さんが見て、今度は逆に勇気や自信をもらうこととなっているのだと思う。

【スポンサードリンク】

アメンバー限定記事を読むまでもなく、普通の記事からしっかり伝わる家族への思い

だからアメンバー限定記事というのは、確かに私のように身近に同じような病気で闘病中の人がいたりして、たぶん相当数に上るはずだ。

そういう人たちと小林麻央さんとを比較したい、同じ気持ちを分かち合いたい、と思う方も多いにちがいない。

「読みたい方だけ」というのは言い得て妙で、結局のところそういう深刻な麻央さんの病状、普通だったらショッキングすぎて読もうとしない人も出て来るにちがいない。

でもその逆、つまりもっと真実をを知りたいと願う方が必ず多くの読者層を占めているはずだ。
そういう方たちまでをもカバーして読者にすることに成功している、といえるかも知れない。

ただ、そういうアメンバー限定記事を読み進めながら思ったことがある。
それは他でもない、小林麻央さんのブログKOKOROの内容、普通の記事の方でも「読みたい方だけ」の記事の方でも、一番彼女が伝えようとしていることは同じなような気がする。

決して私はアメンバーになることを避けるよう考えているわけではない。
けれど、要するにどちらの記事内容であっても心底感じている小林麻央さんの思い、願いというのは、次に語る一つしかないように思えるのだ。

家族への愛情。

一言で言い表せるとすればこれではないだろうか?
子供
振り返って見れば、たびたびの病状悪化で再入院を繰り返しているにもかかわらず、小康状態になれば自宅のマンションに戻り、子供たちや夫・海老蔵さんのもとから片時も離れようとしない。

妻として、それ以上に母親として小さい子供たちが育っていく様子をあの大きな目でしっかりと見続けることが出来ること。

そういう小林麻央さんの思い、願いというのはアメンバー限定記事を見るまでもなく、ふつうの記事の中で日々更新し続け、その中で映し出される画像。

鼻にチューブを通してやせ衰えた、そういう自撮り画像も含めて小林麻央さんは今、子供たちと毎日を精一杯幸せそうに過ごしている。
それが十分に見て取れると思えるのだ。

だから私はと言えば、確かにそういう「読みたい方だけ」の記事をひとしきり読んだ後は、必ず普通の記事に戻って読んでしまう。
すごく家庭の温かさが伝わって、読む人をアメンバー限定記事以上に感動させ、明るくしてくれる様に思えるからだ。

いろいろお伝えしてみたけれど、小林麻央さんは今後も自身の病状を細々(こまごま)と伝えることも大切だと考える限り、「読みたい方だけ」記事を発信し続けるにちがいない。

でも、小林麻央さんという女性を通じてある意味家族というものを考える時、一番大切に感じるものはきちんと普通の記事で伝わってくれている。
そうにちがいないと思いたい。

大変な病状だと言うことは、言うまでもない。
私もそういう同じような病気の人を見た経験から推測できるし、だからこそ一層治っていただきたい、と願わずにはいられない。

これからも予断を許さないヤマが続くかも知れないけれど、二人の幼い子供たちのためにも、快方に向かうことを祈りたい。

国ノ木はるな

【スポンサードリンク】
Return Top