WooMess

Just another WordPress site

「彼氏いない歴=年齢」は引くかもしれないけれど、一番肝心なことを見落とさないで!

30代に突入して、「彼氏いない歴=年齢」のままだといよいよ男性は引く。
彼氏いない歴=年齢、というのも年齢がまだ若いうちなら初々しくて、引くどころか逆に男性は魅力を感じてしまうもの。

だがこれがアラサー以上、30代40だいになると、どこかしらで“ワケあり!”みたいな疑いももたげてくる。同じ女同士だってありうることだ。

だが、たしかに30代でも全く出会いがないまま泣く泣く「彼氏いない歴=年齢」に甘んじて、それに偏見を持つような男性が余計に引く、恋愛対象にしたくない。
そう考えてしまう方たちが多いに違いない。

だが、実際に男性側の意見を聞いたりしてみればわかってくるけれど、そのあたりは男と女の思考が大きくずれているポイントの一つ。
いたずらに楽観視をすすめるわけではないけれど、女性は大いに気を取り直してよいのではないだろうか?
その理由、たったひとつで片付くのでお伝えしてみたい。

【スポンサードリンク】

「彼氏いない歴=年齢」の女性に男性はドン引く、というのは女性サイドの発想?

まず端的に言ってしまえば、男性というのは恋愛対象や結婚対象となる女性が、過去に男性遍歴があることを極度に嫌う、それこそドン引くくらいになるものだ。
まずこれをどうか頭に入れておいていただきたい。

その上で、「彼氏いない歴=年齢」の女性というのは、単に“出会いがない”だけの理由でそうなっているとしたら、まず間違いなく男性にとっては引くどころか、理想的な交際相手の最有力候補。
そう考えてよいはずなのだ。

一方女性の方は、付き合っている彼氏自身に過去に別な女性があったとしても、今現在きちんと吹っ切れていさえすれば、感情的にも案外問題なく付き合えるもの。

つまり女性の方が男性よりも一層今現在のことを大切に感じるのであり、過去のことについてそれほどに詮索しようとしたりしない。
「彼氏いない歴=年齢」というのが男性よりもむしろ女性にとって嘆きの元になっているのも、こういう性格の違いから来ているのかもしれない。

もちろん個人差があるのは承知だけれど、ほぼこういう男女の生理的な違いがあげられる。

だから、もしも男性の方が付き合う女性に対して「彼氏いない歴=年齢」というと事実に思わず引くのは他にドン引くべき理由、例えば性格とか自分の係累や親族、あるいは犯罪歴など、特殊なものがあったりする場合に限る、と言った方が良い。カップル

恋愛の対象として「彼氏いない歴=年齢」の女性は厄介でも、結婚相手としては超理想的?

また、私が勤め人時代、よく同僚の既婚男性や独身男性などと飲みの席で話したことがあったけれど、確かに単に出会いのチャンスがないばかりに「彼氏いない歴=年齢」になってしまっている女性、恋愛の対象として考えた場合には色々と引く事になってしまうことが多い、と語っていた。

何しろ男性と付き合ったことがこれまで一度もない、というわけだから男性の方で、あるいは友人女子たちに色々と手ほどきというか、それなりに“付き合い方”を教えてもらったり、自分で本や雑誌でも呼んだりして勉強しなくてはならない。

アラサーの私がそんなことをやっていたら、一種不気味だろうな、などと私自身も思うけれど、同僚だった友人女子は確かににそういう風に頑張っていたりした。

彼女も恋愛から結婚を目指していただけに、すごく“気合”を入れていたのを思い出すけれど、結局のところ恋愛の最中はどうしても重い女というのを嫌われてしまう傾向がある。

もちろん男性にもよるし、特に相手の女性を結婚相手としてまで見ている人はまた別なのかもしれない。

だが男性との付き合い方のイロハも知らないような女性で、しかも相手がそういう結婚思考ではなく、単に付き合い始めとか遊び目的のような男性だとしたら確かにドン引く。
おそらく間違いないだろう。

だが、これも時と場合による。
そもそもそういう重い女とかいうのを嫌うというのは、あまり男性の意見としては聞かれない場合が多い。
特に恋愛ではなく、結婚相手としてはそういう意見が多い。

全然“モノを知らない女”という女性を男性が引くのは、あくまでもそういう恋愛の中でのことであって、逆に結婚相手としてはまた話が変わってくるからだ。

むしろ男性にとっては結婚生活の中で、自分の細かな毎日の生活の中、色々と気づいて自分をカバーしてくれる女性の方がありがたいという人が多いのだ。

【スポンサードリンク】

 

重い女だからこそ、そういう毎日の生活の中でマメにこちらを見てくれている。
何も知らない、「彼氏いない歴=年齢」の未経験だからこそ、結婚した男性が大きく信頼を寄せることができる、ということも言えるだろう。

そういう、なまじ過去の恋愛経験がなく、その分男性に対して先入観や偏見も少ない、要するに夫にとことん付き従ってくれるような女性。
男性が本来的に結婚相手として願っているのはそういう人ではないだろうか。二人

後は「出会いのなさをどう解決していくか」?

ここまで語ってみたところで、なんとなくおわかりかもしれないけれど、

「 彼氏いない歴=年齢」の女性には男性が引くんじゃないか?

というのは、男性よりもむしろ同性の女性の方から出た発想ではないだろうか、友思えるのだ。
そして私はソースこそ知らないけれど、“重い女”という言葉自体も、もしかしたら女性サイドからの造語なのかもしれない、と本気で思っていたりする。

繰り返すけれど、男性にとっては未経験とか恋愛経験のない女性の方を好むもの。
単に女性にとって出会いがないだけの原因でそうなっているのだったら、恋愛の相手、そしてさらにそれよりもずっと結婚相手には理想的といえる。

少なくとも、私が勤め人時代に同僚男性たちが異口同音に語っていたことだし、またそういう男性陣の主張も他の箇所で聞かれることも多い。
多分女性にとってはあまり馴染めない考え方だから、どうしても隅にやられてしまうのではないだろうかと思うけれど、知れば知るほど大切な事実になるに違いない。

そのうえで、じゃあ私も含めてそういう「 彼氏いない歴=年齢」とか、それに近いような女性。
もちろん私と同じアラサーや30代、それ以上の女性も含めてだけれど、今のこの“出会いのない現状”、どうにかして打破できないか?
これこそが喫緊の一大事なはずなのだ。

私自身、これについては他人事で済ます気はないし、引くことなく将来に目を向ける必要もある。

その上で提案してみたいのだが、とにかくは結婚相手とか恋愛の相手という、極度に限定した人同士の出会い限るだけでなく、例えば運動サークルやボランティア、地域のイベントへの参加やカルチャーサークルなど、もっと大きな人との交流に目を向けてみてはいかがだろうか?

その根拠の一つには、私達が通常男女の出会いを自然に持てる、そういう環境を考えれば勤務先の職場とか、学生時代のクラスメートや先輩後輩などが一番先に浮かんでくる。

要はそういうものと同じような環境に自分をおいてみること。
そういう努力をまずすべきではないだろうか。

そしてその中でいたずらに身を引くことなく、それなりに勇気を持って自然に過ごしていれば、自然な男女の出会いが出てくるし、それこそが一番理想的な出会いになると考えたい。

そんなわけで、私自身を鼓舞する意味も込めてポジティブに「彼氏いない歴=年齢」を語ってみた。
同じように悩んでいる多くの独身女性にとって、何かの気付きになっていただければ幸いだ。

ゆうき まな

【スポンサードリンク】
Return Top