WooMess

Just another WordPress site

体を許す女の特徴は無くさなくてはダメ?尽くすタイプが一番リスク高いかも

簡単に体を許す女の特徴、というのを持つ人がやっぱりアラサー女性でもいたりする。

恋愛関係も、ある程度女性の魅力、それも肉体的な部分をアピールすることも大切になる、とは婚活をしている私たちにも言えることだ。
でもそれがある一線を越えれば、遊びすぎのような、体を許す女の特徴が染みついてしまうようだ。

男性依存症とでも言うべきなのだろうか、それなりに男性にはモテる立ち振る舞いや社交性があって、一見同性の女性たちからもうらやましく思うけれど、場の雰囲気に流されやすい、というか、そういう軽さがアラサーになっても抜けきらない。

そういうタイプの女性には決してなるべきではないけれど、よく考えれば私たちだって一歩間違えればその彼女のようなパターンになる。
その可能性はあるはずなのだ。

そういう特徴、一体何があるのだろうか?
そしてそういう安易に体を許す女の特徴を避けるためにはどうすれば良いのだろうか?

【スポンサードリンク】

尽くすタイプ、スキが多いタイプの女性にありがちな安易に体を許す性質

安易に体を許す女の特徴というのを持つ女性は、一つにはやっぱりそういうシチュエーションに自分で入り込んでしまう女性。

よく言えば人がよい、悪く言えば怖いもの知らずで先を見ようとしない女性だ。
実のところ、30代になれば結婚が緊急的な課題になるわけで、それなりに恋愛も相手の男性を選ぶのも慎重に、そして賢明になろうと努力するものだ。

だがこういう女性は、いろいろとリスクの高い場所にある意味本能的に足を踏み入れて、半分自分で承知の上でそういう安直な関係になってしまうことが多い。

そういう危険な場所、というのは何もいかがわしい場所などのことを単純に行っているものではない。
日常生活、とりわけ職場の中だって考えようによっては危険だらけなのだ。
そもそもその彼女、私と同期である会社に勤めていたときの女性だったが、結局社内の複数の男性社員と関係したことがあるという。

それもあくまで彼女は口説かれた方だといっていたけれど、その当時の彼女の男性社員との話しっぷりや掛け合いを見てみれば、いわば同僚で親しいというレベルを超えていた。
それが複数の男性社員との間にあった。
しっかり下中堅どころの4大を出た女性なのに、すごく変なところで緩い感じがしたものだ。

出も確かに男性受けはすごくよかったようだ。
親切で笑顔だし、少なくとも男性社員にはいやな顔一つしないような様子だった。
そして彼らと一緒にホイホイついて回っていったようだ。

尽くすタイプで美人、そして意気投合すれば空くに隙を見せてしまう。
彼女の特徴を総合すればこういうことになるだろうか。
女性
女としては確かに申し分ないし、もしもそういう自身の「よいところ」を見せるのが、結婚した後の自分の亭主だけだったらよかったのだろう。

だが、結局やり過ぎたのではないだろうか、と思ってしまうのだ。
優しい女性、親切な女、というイメージは確かに心証をよくするために欠かせないことだが、自ずから超えてはならない限度がある。

体を許す女の特徴、その典型が今思い返せば彼女だったのではないだろうか?

女は押しに弱い、とはやっぱり言い訳に過ぎない

体を許す女の特徴としてよく言わることに「将来への不安」がある。
また、先にちょっとお伝えしたように、男性依存のような性格を引きずっている、つまりいつも男性にかまってもらいたい、彼氏なしではいられない、という心のタイプだ。

いずれにしてもこれらは自分の気持ちの中にある不安から出てきたもの。

とりわけ私たちの年齢のことを考えれば、このまま独り身のままでもしかしたら一生を過ごすハメになるのかも知れない、と考えてしまい、将来に希望も持てないような毎日の中で過ごしていくことになるだろう。

そういう気持ちの中では、何かの拍子でたまたま良さそうな男性と出会えば、何とかしてつなぎ止めておこうと思ってしまうのが女性の心理だ。

男性は女性に体を求めるものだが、同時にそれを満たした後は急激に気持ちが冷めてしまい、それっきりで終わってしまうことも多い。

だから女性の方としてはできるだけそれをじらして、後に持って行く。
できれば結婚前はそういう行為に踏み込むのを避ける。
古い考え方だが、男性をつなぎ止める一番良い方法とも言えるだろう。

【スポンサードリンク】

 

だが結局、安易に体を許す女の特徴を持つ女性の場合には、先に行為ありき、みたいなこところがある。

要するに欲望は男性のみではない。
女性だってあるし、結局はこちらの方からそういうものを求めてしまうこととなってしまうのだ。

それが結果として、男性の押しに弱くて負けてしまった、迫られて他にどうしようもなくてそういう行為に及んでしまった、などなどいくらでも女性の方から言い訳も出て来る。

だが元々はそういう状況を作ってしまった、踏み込んでしまった女性の方にも等分に責任は有るものだ。
足
だから一見男性のしつこさに負けた、といえば男性の方にばかり非を求めるけれど、同じ女性の目から見ればそれでは片付けることはできなくなる。

この辺り、20代とか30代などの年齢のちがいを持ち出さなくても、基本的に同じ女性ということでくくられていくしかない。

体を許す女の特徴はどの程度まで持つべきか?

最後に。
体を許す女の特徴、いろいろな考え方があるかも知れないけれど、アラサー女性の婚活に絞って考えてみた場合、これらが全面的に否定されるべきものなのかどうか、微妙なところだ。

20代女性だったらまだそれこそアバンチュールの中。
遊び目的、という枠の中で、しかもそれでも自己責任でOKというのならばよいのかも知れないが、結婚が切実になってくる私たちのような年代になれば、そうそうあまり持つべきものとは言い切れない。

確かに私たちの世代でも、そういうことをしている女性、そしてそのような軽い感じのする特徴を臭わす人たちもいる。

また、男性への魅力をアピールするためにもある程度までは必要かも知れない。

職業でやっている人はともかく、私たちが考えるべきは、
「結婚相手としてふさわしい女性として持つべき範囲の中での魅力の内」
とでも言うべき“体を許す女の特徴”だろうか。

もっとはっきり言えば、結婚して初めてそういうことを夫に許す女性。
そう言い切ってかまわないと思う。

そのためには、安易にスキを作らないこと、八方美人は必ずしも良い事ではない。
やり過ぎもよくないが、ちょっとやそっと、とんがったところも見せたりしてしまうのもアリではないだろうか。

女性は本当に、一度そういう「傷」がつくと一生の傷になる。
体を許すことはそれだけ本当に重大なこと。
それを再認識することが必要になるにちがいない。

ゆうきM美

【スポンサードリンク】
Return Top