WooMess

Just another WordPress site

風邪の治し方 熱や寒気が出た時、一番よい方法は?実は医者もおすすめだった!

風邪のすばらしい治し方があります。
特に熱や寒気のするような、いわばそれなりに想い風邪の症状の時、その治し方を実践すれば最短で1日で治ることも夢ではない、そんな治し方です。

もちろん熱や寒気も治ってしまいます。

でもその方法、ちょっと驚くことがあります。

どんなことでしょうか?
そしてその治し方というのは?

【スポンサードリンク】

風邪をひいたら薬を飲まないこと?熱や寒気は「出し切る」のが大切!

それは、風邪をひいても薬を使わない、という治し方だからです。

「でも寒気など風邪の初期症状が出たり、熱が出て寝込まなくてはいけないなどしたときに何でまた薬を飲んではいけないの?」
普通はこういう風に思ってしまいます。

しかし日本国内ではなく、諸外国では風邪をひいても薬を飲まないのが実は常識です。
だから実のところ、風邪の治し方で熱や寒気が出てこようと、薬に頼らないのはごく当たり前と言えることになります。

それどころか、熱は出来るだけ一気に出し切ってしまったほうがスッキリするんですね。
寒気も微熱の一種なので同じことが言えます。

薬を飲むとそう言う症状を中途半端に抑えてしまいますが、これは体の防御反応を抑えて、病気を治りにくくしてしまうことになります。
だから熱を薬で抑えずに、しっかり出す。
それが大切です。

薬を使わずに熱を下げるには、とにかく厚着でしつこく寝ること!

そして、そういう風に薬に頼らない治し方の方が、体の抵抗力を養うためにもぜひ行ってほしいこととなります。

でも、その風邪の治し方、いったいどうやったら薬を使わずに熱や寒気を退治できるのか?

それは基本的に体を温めることになります。

熱があるから元々体はほてっているのですが、それでも汗が出る、と感じるくらいに肌着や服を着込み、そのまま厚い布団にくるまってじっと寝ること。
これがその方法です。

そして汗をどんどんかくこと。
汗をかくことによって体内の毒素が体外にはき出され、毒出し効果があります。
やってみれば実感できますが、風邪をひいて厚布団にくるまって汗をかき続けると、終いには本当にスッキリしてきます。

そして熱や寒気もそのうちに峠を越えてくるようになります。
これが一番早い治し方問いえるでしょう。
じっさい、この方法で一晩で熱を下げ、寒気もなくなったという体験談も目にします。
熱

風邪を悪化させる市販薬?処方薬でも医者は飲まない!

風邪をひいたかな?というようにちょっと体調が怪しくなってきたとき、なまじまだ医者にかかるほどの症状になっていないからと言って多くの方たちがよくやるのが、
「ドラッグストアで薬を買う」
という治し方。

ですが実はこれ、一番こじらせる原因と言っても良さそうです。

私も経験がありますが、はっきり言って、
「市販の薬を飲み続けて風邪が治ったことはない」!
ほぼ実体験から私はこう言えると信じています。

なぜかというと、一つには市販の薬というのは多くの人たちの様々な症状に合うよう、複数の成分が含まれていますが、そのため
・特定の症状だけに限っての薬効は弱くなる
と言うことがあると思います。

また、同時に
・個々の利用者に対して、不必要な成分まで含まれている
こともあるでしょう。
そうなると、副作用が心配にもなってしまいますね。

【スポンサードリンク】

 

実際、市販薬でなく、医師も自分たちは患者に風邪薬を処方したりしますが、そう言う処方薬でさえ、自分たち自身は飲まないと言われます。
その一番の理由はまさにこの副作用。

医師の処方は患者の症状に合わせて薬効が最大になる用配合しますが、反面すべての薬には副作用があることも事実です。

そのため、処方するときには同時に薬の副作用が最小限かゼロになるよう配合するわけですが、ちょっと容態が変化したりすればたちまち副作用が現れる危険もあることになります。

医療の専門家として、そういう副作用がどれほど恐ろしいか、医師や薬剤師は十分分かっているわけです。

そのため職業として患者に薬の処方はしても、自分たちは極力飲まない。
特に風邪にかかっても、薬を飲もうとする医師は圧倒的少数と言われているのです。

そう言う観点からすれば、薬を使わないで風邪を治せればそれがもちろん理想的な方法になります。

そのため、今回お伝えするこうした方法、暗黙ながら医師も実はおすすめな風邪の治し方、と言ってよいでしょう。

他にも一緒におすすめしたい方法!熱や寒気などにも効果!

さてそういうわけで、 熱や寒気を一気に改善する治し方、大体おわかりかと思いますが、体温が40度とか、途方もない高熱などの場合はさておき、この方法は基本的に薬代もかからないので一度試してみたらよいと思います。

私もたまたまそういう熱や寒気がする夜、たまたま風邪薬を切らしていたことがありました。
その時この方法を知っていたので試しにやってみたところ、なるほど厚着をして寝ていたため布団の中では汗をかきましたが、明くる日には確かにスッキリ。

完璧に治ったわけではありませんでしたが、すごく体が軽くなっていたことがあります。
風邪
それからこの治し方と一緒にぜひ抑えておいていただきたいのですが、もう一つ耳寄りな方法として、ビタミン、特にビタミンCを大量に摂取するという方法があります。
量にして大体3000㎎を1日でとるようにすることだと言われています。

実際この方法、ノーベル賞受賞屋の米国科学者・ライナス・カール・ポーリング(Linus Carl Pauling)氏の提唱する「メガビタミン(ビタミン大量摂取)療法」に起因するものと言われています。
また、実際ビタミンCは風邪を治すのに必要な免疫力をアップする作用があります。

ビタミンCはサプリの中でも価格も安く、また美肌にもよいので、うえに説明した“汗出し睡眠”方法と一緒に行うとよいでしょう。

最後になりますが、汗をかいたらかきっぱなしにせず、必ず衣類や下着を取り替えること。

また、エネルギーも使うので、なるだけ消化のよくて栄養の有るものを食べるようにするとよいでしょう。
さらに水分の補給や葛根湯などで体の中から温めるようにする糊塗も大切です。

薬と違って全然副作用も心配ないこの方法。
ぜひ頭に入れておいてください!

後藤ゆかり

【スポンサードリンク】
Return Top