WooMess

Just another WordPress site

略奪愛 彼女持ちでも遠距離恋愛中なら貴方のものに出来るチャンス!そのテクニックとは

すでに彼女持ちという男性でも、略奪愛というテクニックを使って自分の恋人にしてしまうことが出来る、と言うことをご存じだろうか?
その男性が今の彼女と遠距離恋愛中だったらなおさらそのチャンスは広がる。

意中の男性がすでに彼女持ちというのはよくあるパターンにあることだ。
その時貴方はどうするだろうか?
諦めるか、それとも何とか強引にでも自分が添い遂げたい、という二者択一。

略奪愛はそういう彼女持ちであっても、諦めきれない場合の貴方にとって知っておくべきテクニックとなる。
しかも男性が遠距離交際中だったら確かにやりやすいメリットはあるのだ。

あくまでも合法的なやり方だし、略奪愛といえど恋愛の一つのパターン。
そういう柔軟な考え方の元で紹介してみたい。

【スポンサードリンク】

略奪愛は時間と努力が必要!遠距離交際中で彼女持ちの男性でも自然に落とす!

略奪愛というのは、基本的に強引な方法で、今現在彼女持ちの男性を貴方のものにする方法となる。

場合によっては単に遠距離交際中で彼女持ちの未婚男性だけでなく、あるいは既婚の男性であってもやりようによっては十分成功できる方法となるのだ。

だが、あくまでも略奪という行為を前面に立てるような、強引さが目立つ方法は「下策」と考えておいていただきたい。

けっこう根本的なことを言ってしまうけれど、一番大切だからぜひ理解して置いていただきたいのだが、今彼女持ちでいる貴方の意中の男性。
そもそもどういういきさつでその彼女と交際しているかと言えば、それだけの交際期間、そして愛情の行ったり来たりのヒストリーがあったはず。

そういう男性を正攻法で貴方のものにしようとすれば、より親密な愛情や長い交際期間をその男性と持つことで奪い取る、というのが単純な発想となる。
同時にあくまでもいちばん自然で望ましいはずとなるだろう。

だがこれをやってしまうと一番長い時間と労力だ。

だから結局、一番たやすい方法として、この二人の愛情が冷めかかってきた、倦怠期になっている、などのチャンスをとらえてそこにいろいろなアプローチを仕掛けていくこととなる。
これが略奪愛の一番典型的な物、基本的な考え方、と押さえておくと良いだろう。

だとすればいったん二人の間に倦怠期がやってきたりするとなかなか愛情の回復しづらい遠距離恋愛。
これは格好のチャンスとなることは確かに明白なこととなる。

略奪愛という恋愛方法も必要!彼女持ちでもそれで将来も幸福とは限らない!

そこで最初に一つだけ注意事項として申し上げておきたいのだが、あくまでも合法とは言え「略奪愛」というグレイな名前のつく手法。

その響きからおわかりの通り、場合によっては彼女持ちの男性から、またはその党の彼女、そしてまたは貴方の周囲の方々から、ご自身が風当たりの強い立場に置かれてしまうことになるかも知れない。

それは十分最初に覚悟しておかなくてはならないことだ。
カップル
だが、同時にそういう恋愛もまた自由。
将来を考えた上で、自分こそがあの人のパートナーにふさわしい、今行動を起こさなければ二人の将来は暗いものでしかない。

そういう信念を持つことも、ある意味一番大切なことなのだ。
勇気は出すべきところではしっかり出すもの。
批判だって受ける覚悟のいるときはある。
それをぜひ心にとめておいていただきたい。

彼女持ちであっても、彼女との心の隙間が出来やすい遠距離交際

遠距離交際になってしまうと、確かに統計上でも5組のカップルのうち、4組までが別れてしまうと言う事実がある。

もちろん遠距離期間とか、元々の関係がどういうものだったのかによっていろいろと事情が変わってくるかも知れないが、それでも普通の交際関係よりも別れる確率は大きいことだけは動かしがたい事実だ。

なぜ別れてしまうのか?
それを考えて見れば、略奪愛は遠距離交際期間に最も仕掛けやすいと言うことが分かるけれど、その原因は
「実際になかなかじかに会うチャンスがない」
からだ。

どんなに携帯やLINE、メールで連絡を密にしようとしても、実際に会えないことは大変辛い。
これはもちろん体の関係のことも含めて語っている。
そのプレッシャーにブレない人もいるが、ブレる人が多いがために、別れる確率が増大することとなる。

いずれにしても、じかに会えないことから来る二人の間のすきま風。
それを最大限にとらえて、男性にアプローチを仕掛けることだ。

そのやり方、大きく分ければ二つあると言えるだろう。

彼女よりも一歩先に出たいなら、じかに遠距距離にいる彼に会うこと!

一つは、今の遠距離交際中の彼女と同じように携帯やメールなどで連絡を取る方法。
もちろん正式な彼女になっていない貴方は、今の彼女よりも頻度、内容とも控えめにする方が良い。
だが少なくとも土俵の上では彼女と同じレベルに立つことが出来る。

もう一つは、その彼女の虚を突く形になるが、貴方の方で努力してじかに彼に会いに行ってしまうことだ。

『百聞は一見にしかず』
と言うことわざがある。
電話で百回その人となりを第三者に説明されるより、じかに会って顔を見た方が速攻で分かってしまう。
その体現だと思っていただいて良いだろう。

【スポンサードリンク】

「恋人」よりも数段相手の気持ちを和ませてくれる「世話役」に

そして上の二つに共通して押さえておいてほしいことは、

「あくまでもその男性の『彼女』となってはいけない」

ということ。

別に彼と浮気関係になるな、と言う意味だけではない。
それ以上にもっと大切なこととして、
「本当の彼女だったら彼に要求したり懇願するかも知れないが、貴方はあくまでも彼の“世話役”に徹する」
ということ。
男性にとって、恋人として対等な“彼女”でいないように、ということだ。

恋愛はお互いの気持ちと欲求、そして感情の行ったり来たりだが、人間である以上、自分にとって都合の悪いことなど、恋人同士でも聞き入れたくないことはある。

でも恋人同士だからそれもあえて我慢しているところがあるわけだ。
そういう配慮を貴方は彼にしょわせてはいけない。
というか、元々現段階では表面上、恋愛関係にないわけなので、貴方も彼氏もむざむざそういう込み入ったことにタッチする必要もないはずだ。

つまり出来るだけ貴方は彼にとってリラックスできる、何くれと相談できたり、慰めてあげ、それでいて親しくしてもらえる、という役目に徹するようにしておくこと。

遠距離の男性の元へ出掛けていって、女性の目で日常生活についてあれこれ知恵を授けたり、時には自炊してあげたりするのも良い。
特に料理の腕に自信のある方にはおすすめだ。

こういう立場になることで、彼女よりも「良好な関係」が貴方と彼の間に出来るからだ。

つまり「良い相談相手」、しかしながらそれ以上の関係ではない。
それを最初のうちには目指しておくことが大切だ。

もちろん男女の関係を男性が迫ってきても、基本的にはシャットアウト。
言い方にもよるが、彼を“説得”する努力をたやさないことだ。
決して頭ごなしに叱りつけるのは厳禁。

じかに一緒にいる時間を長くとること

そして決めてとなるのは、彼女持ちであってもお互いの都合を尊重し合う手前、どうしてもなかなか会えないことにお互い妥協し合うことが多い。

遠距離交際の時には一層それが顕著なはずだ。
だから個々で決めてとなるのは、その彼のところに出掛けていき、なるだけ交流する期間を長く設けること。
そのためには貴方自身で何とかして都合をつけて彼の元に出掛ける必要がある。

「これがなまじ本当の恋人の彼女だったら不平も出るかも知れない、でも私だったら絶対そこまでやらなくちゃ!」
そういう配慮まで勘定に入れておくのだ。
カップル
そして貴方の存在感を大きくさせるためには何といっても期間の長さ。

略奪愛というのは忍耐の愛でもある。
なるだけ自然に彼の気持ちが、今の彼女から貴方へとシフトしていく、それをしっかり遂げていけば良い。
そのためには焦らず、徐々に彼が貴方へとなびいていく、その気持ちの変化をつぶさに観察する必要がある。

そして上手くいけば、告白のチャンスもあることだろう。
そこで略奪愛が成功すればよい。

そういうわけで、彼女持ちであっても、すぐにはしおれないこと。
たとえ遠距離恋愛中でなく、いつも彼の周りに今の彼女がいたとしても、必ず気持ちの変動も倦怠期もある。

将来のことをしっかり見据えた上で、ぜひ上の様な知識を胸にたたんでおいていただきたい。

ゆうきM美

【スポンサードリンク】
Return Top