WooMess

Just another WordPress site

元彼にバレンタインの手紙で復縁はアリ?男の方からお伝えしてみたい本音!

別れてしまった元彼に、バレンタインデーというチャンスを利用して、復縁を考えている女性も多いはずです。

手紙をチョコなどと一緒に添えて渡すと良い、と言う話がありますが、男の立場から考えると、やっぱりケースバイケースなんですね。
これは最初にはっきり言っておきたいことです。

バレンタインではどれだけ元彼の気を引けるか、と言う風に別れてしまった女性は考えると思うんですけれど、ここでぜひ一つ、そういうバレンタインデーや手紙の内容がどんなに魅力的であって考えてほしいことがあると思うんです。

あくまでも男の一人として、お伝えしてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

今の元彼、そして貴方の関係をよく振り返る

元彼にバレンタインデーを利用して復縁を考えているとすれば、すでに貴方は元彼と自分が何で別れたのか、考えてそういう覚悟でいると思います。

よく言われるのは、メールだとちょっと軽すぎるから手書きの手紙の方が思いがこもっている様子が出る、みたいなことです。

ですがいくらそういう気持ちが入っていようと、元彼の気持ちは動かない場合もあるんですね。
いろいろな原因、理由が考えられますが、一つにはすでに新しい彼女が出来ていて、そっちに夢中だとか、または貴方がどうアクションしてもその気が湧かない、などなど。

そういう場合、バレンタインでチョコや手紙をもらわされても迷惑みたいに考えることがこの頃よけい多いようです。
理由の一つにはその後やってくるホワイトデーをどうすれば良いか、決めかねてしまうから。

つまり、今の貴方と元彼との関係が「冷めすぎている」のだったら、どんなに美辞麗句を尽くしてきちんと手紙を書いたとしても、いやそれだけよけい元彼が困ることだってあります。

別れた後もそれなりに親しい友達関係だったり、いろいろとお互い酸いも甘いもかぎ分けていて、気心が通じ合っているような場合だったらまた別かも知れませんが、これから元彼も新しい女性を見つけようとしている最中なのかも知れないです。
そうなると返って迷惑、ととらえてしまう男もいるかも知れません。

だからはっきり言って、元彼がいくらバレンタインデーにチョコや手紙を送られても、なびくときとそうでないときがあります。

チョコ
チョコ好きだけど、この時期買いづらい。男も苦労してます。笑

貴方の手紙を元彼が受け取れるまでに関係を修復していることが大前提

それでも何とかして復縁したい、と願っている女性も多いでしょう。

ならばまず一つ目として、きちんと今の元彼と貴方との関係がどうなっているのか、見つめ直しておいてほしいと思います。

もっとはっきり言えば、

はたして元彼が今の貴方から差し出したプレゼントやチョコを受け取ってくれるのか?

バレンタインデーという「恩赦」も考え合わせて、出来るだけじっくり考えて見るとよいでしょう。

もちろんそれでも「当たって砕けろ」式に渡すというのも考えるかと思いますが、その後は前よりも関係が悪化した、なんて言う可能性は絶対に大きいはずです。

その判定を握るカギの一つは、貴方と元彼が別れた経緯。
何で別れたのか?

そしてもう一つは、付き合っていた頃はどんな性格だったのだろうか?
おぼろげにでも貴方には見えていたはず。

それを飲み込んでいる上で、できる限り友人、知人という関係の中で貴方が彼の身近にいるようにすればよいと思います。

当たり障りのない知人として、ちょっとメールなども送るような関係。
またはその程度に顔を合わせるくらいの二人。
そういう交流の中で、出来るだけ成功するかどうかを見極めて、また同時に“恋人未満”と呼べるほどに関係を修復しておくとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

元彼が浮気性だったら注意を!貴方の方で気を引き締めるべき

男の側から申し訳ない告白をしてしまうと、やっぱり優しくてきれいな女性には絶対弱い!
どのくらい弱いのか、その程度によっては例によって男の浮気性。
男によっては、それにつながってしまうほどになるでしょう。

たとえば別れた理由が他の女性になびいてしまった、つまり浮気していたから、と言うような場合、たとえ貴方が手紙など差し上げて、復縁できたとしても場合によってはおもちゃ扱い、都合のよい女となる可能性がありますね。

浮気性の男というのは、基本的に持てるからこそ浮気するわけですし、またそれだけ女性の扱いに慣れていることが多いです。
と言うことは、そんな男に女性は騙されやすい、というのも真実だと思います。

貴方と別れた元彼が、全員そういう男性だとはおくびにも出しませんが。

男の側から見ると、バレンタインでチョコや手紙を渡そうとする女性にどん引きすることも

それから、特に女性慣れしていないような男の筆頭の立場としてあえて言わせてもらうと(笑)、下の様になります。

「バレンタインに手紙やチョコ、プレゼントなどをよこしてくる女性は結構男性慣れしているんじゃないだろうか?」
「だって他の男にもいろいろ贈っていたりするんだろう?」
「そういう女性に限って複数の男と付き合っていたり、過去に別な男がいていまだに尾を引いているかもね」

板チョコ
デスノート「メロ」の板チョコ?男はこういう食べ方も好きです!

恋愛する限り、そういうリスクは誰でもしょっているものだ、という開き直りのような意見もあるようです。

ですが元彼にどんな過去の経験があろうと無かろうと、男として基本的にこういう思考は引きずっていると考えています。

別れた元彼にどういう女性遍歴が有るのか無いのかいろいろかも知れませんが、特にそういうものが貴方以外にない場合、上の様なやり方で少しずつ気持ちを溶かしていくがよいでしょう。

このあたり女性と同様だろうと思いますが、さらにもう一つには、男性の方としては恋愛でもなんでも、女性に主導権を握られてしまうのはいやがるものです。

特に日本人の特徴として、あまり女性の方から仕掛けてくるバレンタインデーというイベント、男の方はワクワクするものですが一面受け入れきれない感じもするものです。

バレンタインというイベント、根本的にそういう弱点があることは理解して置いたよう通いと思います。
いきなり手紙、チョコをどんと渡されて私の気持ちはこうなのよ!と言われてどん引きされる場合もなきにしもあらず、です。

手紙を渡すのは、「渡せるほどの関係」があってこそ

いろいろと男の立場からバレンタインの復縁方法として、思うところを書いてみました。

手紙も確かに有効かと思います。
ただし、肉筆の手紙を書くと言うことは当然にメールよりも重い意味を持つものです。

だからそれだけいっそう二人の関係が和んできていること。
それが大前提でのことだろうと思うのです。

ただしメールだったら軽いニュアンスしかないわけですが、手紙によって思いが相手に通じたら、文字通り最強でしょう。
そのためにはそういう関係になるまでのお膳立てがマスト。

ちょっとまとまりにくい文章になってしまって申し訳ありませんでしたが、当ライターの後藤ゆかりさんからせっつかれてお伝えさせていただきました。

どうかハッピーなバレンタインデーをお迎えくださいね!

高橋国大(くにひろ)

【スポンサードリンク】
Return Top