WooMess

Just another WordPress site

アラサーで彼氏なしが辛い!役に立つ回答を願う女性のために!

アラサーで未婚のまま、いまだに彼氏なし。
本当に辛い、と悩んで焦っている女性の方たち。

「一体私の何がいけなかったの?」
「アラサーにもなって、他の友人は結婚している。なのに私は全然。
彼氏なしの状態、辛い気持ちをどうしたら何とかできるの?」

でも、そこまで暗くなるからこそ、どこかで必ず夜明けのような明るい兆しが出てくるのではないだろうか。

アラサーで彼氏なしなのは私だって同じ。辛い気持ちを引きずりながら毎日を送っている。

けれど、様々に周囲の既婚者や友人と語る中で見えてきたことがある。
私と同じく耐えている方たちのために、役に立つ回答だと願いながら語ってみたい。

【スポンサードリンク】

「アラサー彼氏なし」で「上等」?気持ちに余裕を持って今を楽しむこと

アラサーの女性は多かれ少なかれ恋愛経験をこなしている方も多い。

それが今、彼氏なしの状態になるとどうしても先行きを暗く思いがちで、それで辛い気持ちが後から後から湧いてくることになる。

でも、結局そういう辛い気持ちから、何とかして出会いを見つけようと焦ってもなかなか良い結果は出てこないものだ。
ごろ寝
女性だから確かに結婚したいという願望は何より大きいけれど、婚活の現状を見れば、相当に厳しいことだって分かっている。
それをムリをしてがんばっても、やっぱり焦ったり辛い思いしかないはずだ。

だから、むしろそういうネガティブな思いを、一度消したらいかがだろうか?

早い話、結婚や出会いを「諦める」という気持ちを持つこと。

現実を見れば、アラサーで彼氏なしの自分が、これ以上どうがんばっても出会いもないし、一生独身で過ごす事になる公算が大きい。

辛い思い、焦る気持ちを一気に捨て去ること。
それが「諦めてみる」という気持ちになる。

そして、今の生活を楽しんでみようとしてみてはいかがだろうか?
その方が顔の表情も明るくなるし、むしろ気持ちが身軽にして余裕を持つことができる。

明るい女性だからこそ男性が寄ってくることも

そして、これはあくまでも「棚ぼた」的なものなのだが、そういう気持ちの朗らかな、余裕のある女性の方が返って男性には魅力に見えるようだ。

だから保証はできないけれど、彼氏なし、出会いなしで辛い思いにうちひしがれているような時とは逆に、思わぬところで良い男性と出会うチャンスが生まれるかも知れない。
安心
とにかく私も、人のことは言えないけれど同じアラサーの友人たちを見ていれば、みんな暗い表情で婚活の話をしているのが一種異様だ。

むしろそういう悲しみのさなかにいるなら、一度そうやって自分を投げ出してみると良いのではないだろうか、とすごく実感としてあるのだがいかがだろうか。

現実逃避でもシャカリキになりすぎても幸せは逃げるもの!

私自身もそうだけれど、本当に彼氏なしのままでアラサーのまま来てしまっている女性、周りにもたくさんいる。
そして例外なく辛い、辛いと愚痴の言い合い。

そんな現状の乗り越え方が、いろいろな情報ソースで言われている。

  • 一つには、仕事や趣味に打ち込んで、辛い思いをそらすこと。
  • もう一つには、とにかく気合いを入れて婚活や出会いを探すこと。

だが、ぜひ知っていただきたいこととして、こういうことをしてもムリとしか言い様がない。
どんなにがんばったって好転したり、良い兆しもないからだ。

もちろん私もだけれど、私の周りの友人知人もこういうことはしている。
でも結局今の今まで何も変わらない。

アラサーのままで、彼氏なしどころか、たとえば結婚相談所など出会いの窓口だってどんどんすぼまってしまうという悲しい事実。
いつもそれをナメ続けている。

趣味や仕事に打ち込むのは、婚活の現状を見ないで、辛い気持ちにならないための、いわば現実からの逃避。

そして婚活をいっそうがんばるのは、誰だってしていること。
それをムリをしてさらにお金や労力をかけてがんばったりしたら、それこそ“燃え尽き”て、メンタルに痛みが出てくるかもしれない。

【スポンサードリンク】

 

実際、実らない婚活に打ち込みすぎるあまり、心が壊れてしまう人が今問題になっている。

だからアラサーで、彼氏なしの辛い状態を何とか打破しようとしても、焦ったりムリをしてもよくないし、また現状から逃れようとして別なことに打ち込みすぎてもやっぱり上手くいかないようだ。

私と同じアラサーの娘を持つ知人のおばさんの話として、こんなことを言われたことがある。

それは、
焦って結婚相手を探してもぜったい見つからない
ということ。

結婚相談所でもそうだけれど、こちらが早く結婚したいと焦ると、絶対にそういう気持ちは相手にも分かってくる。
そういう焦りの気持ちが、露骨に表情に出る場合だってあったりするからだ。

すると向こうも身構えて、こちらの下心や、損得勘定ばかり見てしまう。
こちらだって同じ気持ちになってしまうし、こうなるとまとまるものもまとまらない。

だからよく言われたのだが、アラサーという年齢に振り回されて、“とにかく焦ったらダメ”。
自分で幸せを逃してしまうようなものだと言われた。

あくまでもごく親しい人の意見だけれど、説得力があるのではないだろうか。

痛い気持ちを引きずって仕事や趣味に打ち込んでもムリ?

私の体験で言ってしまうと、仕事や趣味で辛い気持ちが収まるかと言ったら絶対にNO。

仕事がよけい辛くなったり、趣味やスポーツをやってみても心が重い。

特にスポーツなど、ちょっとやそっとしてみてその時にはいろいろ忘れているけれど、後でまた痛い心が戻ってきてしまう。

今のこの瞬間を大切に

こうやって見えてくるのは、やっぱり本来の自分の気持ちを取り戻した方が良いのではないだろうか。

たとえば、20代の頃だったら別に婚活したり、背伸びなくても恋愛の相手はいたし、男性だってそこそこに近寄ってきた、そういう経験を持つ女性は多い。

そのときと今のアラサーの私たちとでは、彼氏なし、出会いも希少な点こそちがうけれど、その当時の私たちの心はそれなりに華やいでいた。
そしてなんとなく人生に余裕を持って明るく朗らかでいられたはずだ。

だとすれば、彼氏なしという辛い現状に振り回されてそういう自分をなくしてしまうこと。
そういう暗い自分の気持ちをまずどうにかしてなくしてみることが大切になるのではないだろうか?

別に本気になって出会いとか婚活から手を引いて、ゼロの状態になる必要もない。
けれど、その努力の大半を思い切って、別な努力に回すこと。
言ってみれば、今の自分、この瞬間をもっと大切にして、伸び伸びと生きてみること。

そうした気持ちでいる方が人生を素晴らしく生きられるのではないだろうか?
楽しみ
あくまでも私だってアラサー。辛い彼氏なしの状態がここ何年か続いている。
決して上から目線ではない、あくまでも同じ目線の高さから、語ってみた結論になる。

どうか一人の女性として、今のご自身を大切にして良い時間を過ごしていくよう願いたい。

国ノ木はるな

【スポンサードリンク】
Return Top