WooMess

Just another WordPress site

免疫力低下とその改善法!たった一つのことを目指して成功させることがとても大切に!

免疫力を改善して高めることが健康増進につながる、ということがよく言われている。
実際、免疫力低下が起こるといろいろな病気にかかりやすいとも言うし、また美容にも悪影響が出る、と考えられている。

その改善法、一見専門的になるけれど実はごく簡単なことを一つだけ目指せばよい、ということをご存じだろうか。
免疫力低下による弊害、そしてその改善法として、ではどういう方法があるのだろうか、お伝えしてみたい。

【スポンサードリンク】

強い免疫力があるからがんやアレルギーにならないでいられる!

免疫力というのは要するに体内にあるべき防衛機能になる。
がんの発生やウイルス、細菌を押さえるのになくてはならないもので、これが低下するとそういう病気などにかかりやすくなってしまうのだ。

だからこの免疫力低下に歯止めをかけ、アップさせること。
そのために効果的な改善法を知っておくことが健康維持には大切なこととなる。

また、体調も整えて肌つやなどもよくすることになるので、肌荒れなどの美容上のトラブルに対する改善法でもある。
スキンケア

免疫力低下の大きな原因は低体温

その免疫力低下の原因となる一番大きなものは何だろうか?
そこから改善法も考えていくこととなるのだが、何と言っても低体温が最も大きな原因の一つになっている。

人間の体は、体温が一度下がると免疫力が30%も下がると言われている。
健康的な、正常な体温としてよく言われているものは36.4~36.9度くらいの、一見高めの体温になるのだが、これが元々健康でいられる人の体温だ。

現在の日本人の体温は残念ながら、昔と比べて体温が低い人が多く、これががんにかかる患者数を押し上げていたり、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患の元とも考えられていたりする。
その他にも消化器系の不調、つまり便秘や下痢なども起こしやすいのがこういう低体温だ。

だからこの低い体温を何とかしてアップしてやれば、免疫力アップにそのままつながってくる。

実際、体温が逆に一度上昇すると免疫力は何と5倍から6倍もアップすることが知られているし、また基礎代謝も15%アップすることが言われている。
実際、今から50年ほど前の日本人は平均体温が36.9どという、今の時代だったら微熱並みの体温だったことが知られている。
それだけ昔は免疫力が高かったわけだし、だからこそ花粉症などもなかったと癒えるだろう。

体温を上昇させて免疫力低下を防ぐ具体的な方法とは

ではそういう免疫力低下を防ぐために、真っ先にしなくてはならない低体温の改善法はどんなものがあるのだろうか。

その指針は以下のようになる。
・運動すること。
・体温を上げる食べ物、飲み物をとること。
・体温を下げる生活習慣を避けること。

この三つが必ず必要になる。

ただ、忙しくしている日常生活の中で、この三つをまんべんなく実現して、しかも継続していくのは並大抵でない努力も必要だ。
だからこのうちの2つ、または最低でも一つをピックアップして特に力を注いでいけばよいと思う。

最初の運動についてはウォーキングやストレッチ、スクワットなどを手がける様にするとよい。
ウォーキングやスクワットなどで筋肉の割合が多い足や太ももを鍛えることで、血行がよくなり体温がアップしやすくなるからだ。

【スポンサードリンク】

 

また、食べ物はコンビニ弁当やジャンクフードをさけ、栄養のバランスを考えるこが大切になる。
体温を上げる食べ物はタマネギやショウガ、レンコンなどを始め納豆などの大豆食品、青魚などがおすすめになる。

また、飲み物ではハーブティーで体温アップと冷え性も改善出来るし、白湯を毎食前に飲むことによって胃腸を整え、しかもお腹を温めることが出来る。
免疫力の7割が腸内で造られるため、この部分を温めてくれる白湯は超おすすめだ。

それから生活習慣として、なるだけストレスをためず、しっかりと睡眠をとること、規則正しい生活習慣を送る事も大切なことだ。
美容

いろいろ手を出しすぎると“消化不良”になる危険が!

私自身もここ数年花粉症に悩まされ続けていた春先、自分の免疫力低下に気づいて改善法を模索したり、アドバイスを受けたりしながら実行したのが実は白湯とウォーキング、そして少食だった。

上ではいろいろ書いてみたがあくまでも参考程度にお考え願いたい。
ようはいろいろなものに手を出しすぎて、結局回りきらずに“消化不良”を起こす危険も多いし、そうなってしまうと挫折への道だ。

最初に考えるべきは、自分で無理なく出来るもの、それでいて確かに効果が上がりそう、続けられそうなものに特化した方が良い。

それと、上では書かなかったけれど、食べ過ぎの見過ぎも体を冷やす元となる。
食べ過ぎたり飲み過ぎると、胃腸に血流が集中してしまうあまり、他の体の部位の血流が妨げられ、結局低体温が進んでしまうからだ。

これに気づいた私は、他の方のアドバイスも従う形で、毎食前30分に200CCずつ白湯を飲むようにしている。
この時間に白湯を飲むと、ちょうど空腹を上手く押さえてくれるし、多く食べないですむからだ。

そんなわけで、免疫力低下を改善する方法は、平均体温をどうやったら上げられるのか、そこからいろいろ糸口が見えてくると思うのだ。

もちろん他にもビタミンCを多めにとったり海草を食べる、または椎茸などの菌類を食べたりするのもよい改善法になる。

いろいろな道筋はあるとも感じるけれど、結局のところ免疫力低下の改善法というのは大きく見ると、健康的な生活、食生活に行き着くと思う。
ご自身の健康生活の見直しとも言えるし、病気をしないで過ごすためにはやっぱり必要と言えるだろう。

そんなわけで、私個人の方法もご紹介した形になったが、同じように体温が低めでアレルギー症状に悩まされる方たちも多いはずだ。
拙いけれど、ぜひこういう私の情報も含めて健康増進に役立てていただきたい。

ゆうきM美

【スポンサードリンク】
Return Top