WooMess

Just another WordPress site

職場で悪口のターゲットになってしまった?いろいろ頭を巡らしてこうするしかないと思った!

職場で悪口のターゲットにされると大変です。
最悪職場を辞めたり、心身を壊してしまいかねません。

気の強い人だったら、自分の悪口を言っている職場の仲間を詰問してとっちめることだってできるかもしないけれど、でもターゲットになるのは大抵逆。

それどころか、そういう気の強い人が悪口の主みたいなもので、言われる方は大方おっとりしていて気が弱いものです。
様するに、ターゲットになりやすい人でしょう。

本当に難しいし、あっては困るけれど、職場ではよくある話。
それだけに身につまされる方も多いにちがいありません。
いろいろ考えるし、本当に深刻です。

でも、それだけに何が一番良い対策になるのか?
ぜひ私なりの結論をお伝えしてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

職場で悪口のターゲットになったら「二つの行動」を考える/h3>まず結論をズバリ。

職場で悪口のターゲットになりやすいという人は確かにいます。
仕事ができなかったり、また性格的におとなしすぎたりするような人はどうしても他の同僚の鬱憤晴らしのネタになってしまいます。

それで同僚女性たちが悪口のターゲットにちょうど良い、と考えてしまうわけですね。
本当に辛いものです。

そこで二つの行動をおすすめしてみたいところです。

まず一つ目は、基本的に、私だったら職場を去ります。
心身の安泰を考えればこれ以外にないですね。

元々私も体が丈夫ではないし、むしろ目立たない存在だったので、やはり相手をとっちめとか身の丈以上のことは無理。
体のことが心配になるので早々に身を引くことを考えます。

ただし、そういう決断にはいろいろと個人的に事情のある方がいるでしょうし、すぐに退職も難しいはずです。
退職するにしても、大抵あるていどの期間は在職を余儀なくされるでしょう。

二つ目の行動として、そのときぜひ考えていただきたいのは、悪口のターゲットにされた原因を考えて、それをまず努力次第でなんとかできれば、それをまず頑張ってみる、ということです。

例えば、仕事ができない、ルーズだったりして周囲に迷惑をかけているようなことが自分自身の中に弱点としてある場合。
職場で確かに嫌われる要件になります。

だから、もしもそういう弱点があれば、なるだけそれをなくす努力をしてみること。

仕事をスムーズにやれるように頑張り、ミスをなくすことです。
もしもこれができるようになったら、転職先で有利になるかもしれません。

また、転職に有利になるよう、資格の勉強などしてみることも考え合わせてみてはいかがでしょうか?
そういう仕事とか勉強とかに夢中になることでも、ある程度悪口の辛さは楽になります。

仕事
仕事を辞めるのを考えることも大切!

上司に相談しても無駄?

私が元いた職場では、悪口もある程度は飛び交っていましたが、特定の女性をやり玉にしたようにして、鬱憤晴らしのターゲットにまでするような人もいなかったし、そういうムードはありませんでした。

これは、一つには上司が非常に人間的にできた人だったからです。

このため職場で悪口が平然と飛び交い、大挙した同僚によってターゲットされるようなことは、その男性上司が厳しく見張っていて一切起こりませんでした。

実際元の職場では、そういう目に遭いかけた女性を私も知っています。
その彼女も本当にミスのひどい人で、必ず間違うたびにみんなから一斉に白眼視。

しかしながら小さなオフィスだったためか、その男性上司の目がきちんと行き届いていて、女性陣がヘンテコに彼女をボロクソ言おうものなら、バンと一喝。
彼の大声が部屋に響き渡りました。

思いますが、職場で悪口がひどくなる、ならないはそういう上司の目が行き届いているか放任状態なのかで決まってくるのではないでしょうか?
だから私は上司次第だと思います。

【スポンサードリンク】

 

一方、上司に相談してみたほうがよいのでは?という意見も聞かれます。
ですが、そんなふうに悪口のターゲットにする、されるというような不健全な職場環境があるということは、すでにもう上司の目とか社内管理、統制がそれだけ空回りしているかもしれません。

上司もいろいろですし、そういう環境では、上司に何を言っても無駄かもしれません。
私だったら過度の期待はしないでしょう。

また、そういう環境では、たとえ頑張って仕事ができるようになったとしても、悪口がやむかどうかは本当にわからないでしょう。

個人一人ではどうにもならない場合もあるのです。

自分の味方が一人でもいれば楽になる

職場で悪口のターゲットになりやすい人というのはつきないし、それでも中には頑張って甘んじてターゲットでい続ける人もいます。

そういう人は確かに生活の事情などもあるでしょうし、本当に強いと思います。

仕事仲間
苦労を打ち明けられる同僚がいれば心強い!

ただ、そういう人には職場で彼女に同情を寄せたり、かばってくれる人もいたりする、というケースも多いです。
孤立無援は一番大変ですが、そういう味方が一人でもいれば本当に心強くなれます。

今までの苦しみを打ち明けて、それで同情してくれれば本当に地獄で仏。
そういう人を探してみる、というのも退職までのつなぎのためにぜひおすすめしてみたいところです。

それこそ上司でも良いですし、同僚でもいればOK。

あるいはそれがきっかけで親密になり、仕事を辞めなくても頑張れる勇気がわいてくるかもしれません。

ただ、最後になりますが、それでも職場全体が悪弊に染まっているということは覆しようがないはず。
だから、どこまでそういう親しい同僚と離れずに仕事を続けるのかは人それぞれですが、いつかはその仕事に見切りをつけるときがやってくる。
その覚悟は持っているべきでしょう。

仕事でも生活でも人間関係は本当にややこしいですね。
普段平静でいられるときに、じっくり対策を練っておくことをおすすめします。

後藤ゆかり

【スポンサードリンク】
Return Top